^ page top

2012-10-19

獨臂刀は、香港の隻腕武侠物。丹下左膳の香港版。カンフー・ブーム以前のショウ・ブラザーズ映画とか、知らない人が多いよね。今見ると中々味わいがあって面白い。

「1995, ブレード, 刀ツイ・ハーク
 どうでもいいシーンをカットすれば30分に収まりそうなラストバトルだけの映画。香港映画にしては、マトモな ツイ・ハークなのに、なんでこんなに適当?、意味不明の師匠の娘いらねー。しばらくして、獨臂刀という元ネタが分かって納得。

  

「1967, The One Armed Swordsman, 獨臂刀」 チャン・ツェー
 これが、元ネタ1作目。ジミー・ウォングは何だかんだ言っても、エンタメが何たるか分かってる人だと思う。カッコよくなくても、黒くても(笑)、映画的には十分面白い。キチ娘に注目。

  

「1968, Return of the One Armed Swordsman, 続・片腕必殺剣」 チャン・ツェー
 続編。もう貫禄十分といったところ敵なしの強さ。ツイ・ハーク版のボスキャラのギミックも、コチラの踏襲なのね。

  

「1971, The New One Armed Swordsman, 新獨臂刀」 チャン・ツェー
 3作目。優男デビッド・チャンのリメイク物。これはこれで、好き。

  

「1971, 新座頭市 破れ! 唐人剣」 安田 公義
 座頭市シリーズ 22作目。日本映画に出張してきた ジミー・ウォング。日本・香港ヒーロー対決。香港版のラストは、本当に違うのか?

  
  
2012-10-07

たまたま「スター・ウォーズ」の絡みで「隠し砦の三悪人」を観たら、ハリウッドの大作にも劣らない超エンタメ作で驚いた。「乱」や「影武者」とかのクソつまらないセカイのクロサワ(笑)だろ、と馬鹿にしてたのに、ぐぬぬ…。

以来、時代劇は色々観たが、マトモなのは、せいぜい70年代あたりまで。俳優?、監督?、予算?、まぁ映画産業自体が、ダメダメなんだから仕方ない。たぶん、今後も期待できない。

「1959, 東海道四谷怪談中川 信夫
 新東宝の色モノかと思いきや、良く出来てる。怪談映画は数あれど、ジャパニーズ・ホラーのベスト。天知茂は、絵になるね。

  
  

「1935, 丹下左膳餘話 百萬両の壺山中 貞雄
 チャンバラ無しのホームコメディ。何が凄いかって、コレ1935年 戦前の作品で、監督が20代! 山中貞雄 恐るべし。

  
  

「1962, 座頭市物語三隅 研次
 盲目の居合いの達人で、按摩で、ヤクザ、というか侠客か。座頭市シリーズ、全26作の第1作目にして最高作。娯楽色の強いシリーズ他作品とは別次元。

 座頭市が有名でも、このモノクロの一作目を観てる人は少ないはず。勝新以外の座頭市?、論外でしょ。断じて認めない。
 
  
  

「1972, 子連れ狼 死に風に向う乳母車三隅 研次
 萬屋、北大路のTV版の方が有名だったりして、少々気の毒な映画版の子連れ狼。これは、全6作の3作目。

 若山富三郎は自分のキャラをよくわかっていないんじゃないのか。別にカッコ悪いとは言わないが、恰幅良すぎ。弟の座頭市とは違って、トンデモ映画としての面白さ。まぁ、結果オーライ。

  
  

「1968, 斬る」 岡本 喜八
 原作、山本周五郎。黒澤チャンバラが好きな人なら、ニヤニヤしながら楽しめるはず。仲代達矢、高橋悦史、神山繁、岸田森。役者さんが皆ステキ。一番繰り返し観た時代劇。娯楽作としては、満点の出来。

  
  

「1954, 七人の侍黒澤 明
 好き嫌いは別にして、これだけの力技的な作品は、二度と撮られることはないでしょ。

  
  

「1962, 椿三十郎黒澤 明
 前作「用心棒」に、コメディ要素を足した娯楽作。これがエンターテイメント。

  
  
2012-08-09

 XBMCで使うソフトサブ用の 字幕ファイル(.srt) のタイムコードを調整するプログラム。srtファイルを読み込み後、以下2通りの方法で調整します。
A. [offset] 全体的に時間をスライド
B. [adjust] 始めと終わりの時間を直接指定
 分かりやすい手順としては、
① [offset]使って、最初の字幕を合わせる
② "終わり時間" + [adjust]で、最後の字幕を合わせる
③ "始まり時間" + [adjust]で、最初の字幕の微調整
 [offset] で設定する数値は、ミリ秒。1秒全体的に前へズラすなら、-1000 と入力して[offset]ボタン。後なら、1000 [offset]。先頭の違いだけなら、これでOKなはず。PALソースとかの違いにあわせるには、さらに調整が必要。

 リモコン片手にやれないと、イライラするかも。
Download
 srtofst_120809.zip 公開終了
  ※ 保存はUTF-8。下段のボタンは、4:3ソース用に空行を追加するためのもの。
2012-08-02

 マウスカーソル下の色を拾ってクリップボードにテキストとして設定します。

  ・“Pause/Break”キーで、16進 #RRGGBB形式
  ・“Shift”+“Pause/Break”で、10進 rgba(rrr,ggg,bbb,1)形式
Download
 colpic_120803.zip(181KB) 公開終了
  ※ Windows7で確認。改変・再配布禁止、自己責任で実行のこと。
  ※ キーフックしてるので、ウイルス判定されるかも。
2012-08-02
 基本構成は、トップページに、必要分のブログを追加する形。データベースも含めて、CGI 側で全て管理できるようにしてある。

 管理画面はこんな感じ。

バックアップ、CSS編集、ユーザ管理

ブログ・パラメータ

記事の新規作成

記事の編集

2012-08-02
 おおまかな実装終えて、修正作業だけなら、重い VNC 越しの Lazarus を使わなくてもいい。WinSCP 経由で編集して、FreePascal のコンパイラをコンソールから動かせばいい。

 ローカルの PC にインストールしてある Windows 版の Lazarus のエディタを編集に使うが、WinSCP から単純に外部エディタの指定をしても、余計な部分が邪魔で使いづらい。そこで、.lpi とかの足りないファイルを適当にでっち上げるプログラムを間に挟む。編集以外は出来なくても、やはり本家のエディタが便利。

 コンパイルは、CGIから実行できるようにしているので、ソースの更新(保存すると、WinSCPが自動でアップロード)した後、ボタン一発で完了する。

 クロスコンパイル?なにそれ。
2012-08-02

 実際の開発は、VMware 上で形になるまでテストした後、VPSサーバ上に移行した。
① Win版 Lazarus で、開発開始(Linuxに不慣れなので)。
VMware 上の Linux版 Lazarus 用に修正。
③ VPS上の Linux版 Lazarus で実働、デバッグ。

 Linux は、一番使いやすい気がする CentOS を選択。テスト環境も、レンタルVPSサーバも扱いは同じ仮想マシン。接続先のアドレスが違うだけで、ツール類は、そのまま使える。いちいち変更の度にアップロードとか面倒なので、遅くてイライラしつつも、直接VPS側でデバッグすることになる。
PuTTYjp コンソール
  http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/PuTTYkj.html
WinSCP ファイル転送
  http://winscp.net/eng/docs/lang:jp
UltraVNC リモートデスクトップ
  http://www.uvnc.com/
 プログラム言語は、FreePascal。Lazarus は、エディタとデバッグのためだけに使用。フォーム付きのアプリつくるわけじゃないから、不安定さは感じない。
Free Pascal オブジェクト・パスカル
  http://www.freepascal.org/
Lazarus Free Pascal IDE
  http://www.lazarus.freepascal.org/
 CGIのプログラム中で、データベースを作成・修正するが、デバッグ中の確認や修正には、外部ツールを使ったほうが効率的。
Firebird SQLデータベース
  http://www.firebirdsql.org/
IBExpert
  http://www.ibexpert.net/ibe/
2012-08-02
 Webのサーバ側で動くプログラム。いわゆる CGIのプログラムを組むためには、最近ならPHP あるいは 昔からある Perl 。これらはスクリプト系の言語。ひと手間かかるコンパイル言語なら、Java や、C あたり。職業プログラマならば、用途に合わせた言語を使えなければ話にならないだろうけど、趣味でやってる人間は自由に選べる。僕も、C とか、Java とか使ってたはずなのに、さっぱり思い出せない。

 で、現実的に使えそうな言語が、Pascalぐらい。正確には Windowsで自前のツールとか作るのに使っている Delphi(オブジェクトPascal 風)で、使用暦だけは長い。ならば、CGI も Delphi で組めばよさそうなのだけど、根本的な問題としてプログラムが動作するのは、Windows上だけ。Windowsの Webサーバを用意するのは、OS そのものが有料なので、何かと割高になってしまう。

 そういうわけで、Linux にも対応(安いVPSで可)していて、現在も開発が続いている Free Pascal+Lazarus を使うことに。Lazarus は、Free Pascal コンパイラの受け渡しをするエディタ込みの開発環境、本来のポトペタでフォーム付のアプリを作成させるわけではなく、ブラウザ向けにテキストを吐き出すような、非ビジュアルなコンソールアプリを作る。

 ブログ・プログラムは、実はデータベースアプリ。書き込みは、データの追加だし、表示は、データの整形表示。プログラム的には、特別難しい題材ではないように思える。とりあえず、使い慣れた Firebird を選択。InterBase系は、Delphi と相性良かったので、Free Pascal でもいけるはず。

 Pascal + Firebird という、Webアプリとしては、超レアな組み合わせがステキ。
2012-08-02
 cms vps
 Web システムを作ろうというのだから、何らかのプログラム言語の経験は必要だが、何を使うとかいうのは、大した問題ではない。Javaが出来ます、Perlならまかせて、と言った所で、実際にはプログラム以外の知識も、それなりに必要になる。
1.自由に設定できるサーバ本体
2.Webサーバ、データベース・サーバの設定、オペレーション知識
3.データベースの基礎知識
4.Web、HTML、スタイルシートの基礎知識
5.CGIプログラム作成環境、および開発技術
 今風の選択例でいけば、LAMPと言われる、Linux + Apache + MySQL + PHP といったところか。サーバ本体は、実PCでも、ヴァーチャルな仮想PC、最終的なレンタルサーバ等、必要なアプリを自由に設定できればなんでもいい。OS、サーバソフトも、好きなのを選択すればいいが、メジャーなものの方が、資料も情報も多いので面倒がないはず。

 データベースは、実際にテーブルを作ったり、SQL文で色々と操作してみないことには、理解しづらい。当たり前だが、プログラム以前に、手書きの html で、簡単なWebサイトをつくれるくらいでないと、プログラムも組めない。

 僕も、スキルとしては、全然足りてなくて、プログラムを始める前の段階で、既にグッタリしていた。それでも、一つづつクリアしていけば出来ないこともない。結局のところ、自分自身のスキルアップと、他人には分からない自己満足の為ということになる。どんなにショボくても、本当の意味で、自作サイトなのだから。
2012-08-02
 cms vps
 長いこと、blogger というブログサービスを使っていたが、改変後、今ひとつ使いにくいような気がして乗り換え先を探す。国内のブログは相変わらずの気持ち悪さ、それなら流行の WordPress でも試してみようかと、説明読み始めたら、即、くじける。

 新しくPHPを学習する労力が、自分がやりたいことを実現させる事と釣り合うのか良く分からない。ついこの間までは、Movable Type がトレンドだったと思ったのに。必死に覚えて使えるようになった頃には、もう新しい別のシステムが広まり始めてるに違いない。ITの世界っていうのは、飯の種を作るため、わざとそういうことを繰り返している。

 結論から言うと、頭の悪さゆえ流れには乗れそうに無いので、トレンドに逆らって、ひたすら我が道を行くことにする。つまり、システムそのものをオリジナルで作成する。大規模サイトなど目指してるわけではないのだから、多機能である必要はないし、使う機能だけ随時組み込みつつ改良を重ねていけばいいかと。



 いきなり、システムの話をしても、何のことやら分からないという人のために、説明しておくと、昔風に言うところのホームページと呼ばれていたもの、つまり、ブラウザ経由で、情報閲覧できるコンテンツ群が、どのように構成されるかという話。もともと、Webの初期の段階においては、HTMLという拡張子のついた特殊なテキストファイルに、JPEGなどの画像ファイルを組み合わせたものを、サーバにアップロード(転送)していた。これが、静的なコンテンツ。アップロードされたファイルがそのまま表示される。現在でも単純なコンテンツならばこの形式で問題ない。

 それに対し、掲示板やブログに代表されるように、コンテンツを編集・管理する機能を、サーバ上に持たせる仕組みが出来た。これが、CMS(コンテンツマネジメントシステム)。自前のエディタや、ftpソフトなど持たずとも、閲覧者と同様「ブラウザひとつ」で、ページの作成、編集が可能になった。書き込み等に応じて、表示内容は、動的に変更される。重要なのは、Web側の知識など、ほとんど無くても誰でも情報を発信できるようになった点。動的コンテンツの場合、ベースとなるプログラムが動いてさえしまえば、コンテンツの中身の部分、文章なり、写真を書き込むだけでサイトの構築が可能になる。

 動的コンテンツの裏側の部分、つまり、データの実処理や表示形式などを、アレやコレ記述したものが、プログラムである。ビジネスアプリや、ゲームのプログラムとは違ってグラフィカルな画面を持たないが、ブラウザ越しのリクエストに答えて、表示データをその都度、再構成していく。この部分を自作しようという話。
2012-08-01

 エディタ形式のファイル名変換ツール。「DOSコマンドで一括処理」風なことをGUIで行います。
Download
 npren_100731.zip 公開終了
  ※ WindowsXPで確認。改変・再配布禁止、自己責任で実行のこと。
  ※ 日本語以外の文字コードは、未対応。
 1.変換したいファイルをD&D、エディタ部に元ファイル名が並ぶ
 2.F1~F8 を駆使してエディタ部を新しいファイル名に編集

  ・あくまでもドロップされた順番、行数は変えない事
  ・クリップボード経由で他で編集してもよい

 3.F9 で変換実行
   SHIFT + F9 だとバッチファイルのみ作成
2012-07-27
 vps
 サクラは、ちょいとムカつくことがあったので、キャンセルして、カゴヤのだけをしばらく使うことにした。まぁ、他にも色んなとこをあるので、ダメならそちらへ行けばいいかと。あくまでも、Web用だけで、メールは他で借りてる所のままでいいし。
 書き換えが見えるくらい、目に見えて遅い(笑)ので、VMwareで動かしてた時は気づかない粗が見える。やっぱり、動的ページでも、HTMLに変換するべきなのかなぁ。

 ※このプログラムは、カゴヤのサーバ上で動かしてます。 解約済み。
2012-07-25
 vps
 VMware上のWebプログラムが、しょぼしょぼ動き始めたので、VPSとよばれるroot権限が使える共用サーバを借りてみた。すでに借りているレンタルサーバと何が違うのかというと、こちらの都合に合わせて、好き勝手に設定して使えるようになっている。見かけ上は、独立した一台のLinuxサーバを占有できてる感じ。

 ひと月、千円ほどのコースで、サクラとカゴヤの2つを同時に使ってみたが、Disk容量はカゴヤが多く、サクサク感は、サクラの方が上。カゴヤは、何もしていないのに反応なくなったりしてた。カゴヤの方で、ネームサーバが正しく設定できなくて、サポートに問い合わせしたが、ちゃんと数時間後に返事来て2回やり取りして解決した。

 同じCentOS 6でも、VMware上のと、サクラVPSのと、カゴヤVPSの、それぞれ違うんだもんな。ほんとLinuxなんぞ使える人は凄いと思うわ。

 もっさりだけど、リモートで操作できる。環境できるまで、10回は作り直した。VMwareもそうだけど、再インストが速くすむのは、素人にはありがたい。実PCじゃ、早々に挫折してるはず。

 いずれにしても、もはや、自宅サーバなんて、アホらしいな。餅は餅屋ってやつだね。

2012-06-17
 近いうちに、私的複製が認められなくなるようだ。とりあえずは、罰則規定はないようだが・・・。

 メディア・オタクを自認する僕は、CD・DVDの購入後は、即PC上で、リッピング、適当なフォーマットに変換して、ハードディスクのなかに、デジタル・データとして保管している。後は、リモコン片手に、メディアセンター(動画専用PC)で一括管理。物理的なディスクの交換が不要となったPC上のAVシステムは、極めて実用的。

 このコンテンツのフォーマット変換の作業過程において、CSSプロテクトの解除が必要なのが問題となる。目的はメディア変換なのだが、結果的に私的コピーになってしまう、というのが正確な話。解除後のコピー可能となったコンテンツをアップロード云々というのは、また別次元の話。

 今更、DVDを直でしか再生を認めないというのであれば、何十年も前のビデオテープやLD時代よろしく、コンテンツ毎に、光学ドライブのトレイにディスクをセット?、笑わせないでくれ。アホか。

 そもそも、自分が買ったものを、自分で使うのに、アレコレ言われるのは、全く意味が分からない。私的複製とメディアの売り上げが、どう関係するというのか?

 買わない人間というのは、法律云々ではない。金が有るとか無いとかいうのでもない。その用途に金を使うという概念そのものが無いのだから。
2012-05-10
 十数年ぶりに、Linuxを触る。RedHatやTurbo、SuSEは何処に?、FreeBSD以外は消えたのか?

 やりたいのは、PascalベースのCGIのテスト環境をつくること。Lazarusは、フリーのDelphiもどきであるが、久々にWindows版を試してみたら、何気に使えるレベルまでになっていた。ならば、Linux版も動くかなと試してみることにした。

 だが、そこは、Linux。ソフトを試す以前に、インストールそのものが難題であった。

 ちょいと、マイナーなアプリをインストールしようとするだけで、ライブラリがどうのと訳の分からないこと言われて進まない。ようやく、インストール出来た、やれやれと実行させると、まともに動かない。こんなのばかり。

 結局、かろうじて動いたのが、Ubuntu 。でも、コンパイルまではできるが、デバッガがきちんと動かない。フォームありだと平気なんだが、コンソール・アプリだと、なぜか止まる。

 もう、どーしよーもねーな、変態OSは。十数年たっても、Linuxは、一般人が使えるような代物ではなかった。

 いかに、M$のWindowsがヘナチョコであろうが、その比較対象にすらなり得ない。この先、何年たっても、Windowsに置き換わるような事は無いと確信した。もちろん、インストールされるパッケージ内で処理される用途においては、それなりに動く。サーバとして使うか、デスクトップ用途ならネットブラウズくらいしか使わない人ならいいかもね。
2012-05-01
 動画再生用にしてたExpress5800/110Geが、HDD巻き込みつつ壊れた。マザーか、電源か、調べるのも面倒。腰が痛いので重いサーバ・ケース持ち上げたくない。面倒になってリース明けの小汚い中古パソコン2台入手した。NECのMATEとワークステーション・モデルの奴。外見も中身は同じで、BIOSぐらいしか違いは無いと思われる。両方とも、Celeron Dという使えないCPUが乗っているので安い。だが、Socket775。

 壊れたサーバから、E4400とメモリ、自作マシンから、Celeron430を移植。どちらも、BSEL MOD でベースクロックを266MHzに誤魔化して、そこそこ使えるPCに。

 僕にいわせれば、PCの性能など既に飽和しているのであって特殊用途であるところの「ゲーム」や「動画編集」といった負荷のかかる作業をしないのであれば、最新のハードもソフトも必要ない。インテルやM$の戦略に付き合う義理など全く無い。

 Celeron430の電気喰わないほうに、外付けで使っていた2TのHDDを追加し、XBMCとリモコンで動画PCとする。前に用意していたグラボが物理的に入らないので、追加で、中古のRADEONを購入。最近の新品グラボより高いのが悲しい。デジタル接続しかなくなるのが、分かっていたから用意していたのに、ロープロ仕様にしておくという考えが足りなかった。

 ソニーの業務用モニタにコンポーネント(D1相当)で繋ぐ。真っ暗な状態で映画を真剣に観るときはこれ。液晶の黒はダメダメだから。ながら見や昼間なら、液晶で十分。

 サーバ使っていたときは、キチンとサスペンドできなかったのが、これは普通のPCであるから、当然、リモコンでサスペンドのオン・オフ可能。キーボードもマウスも不要。自作PC用の小さい筐体は高いから、使い捨て出来る値段ならこんなのも有りだと思う。
rdoz.blog
管理人の趣味ネタ
 Arduino、映画、メカニカル キーボード、
  プログラミング、レトゲー etc...


#28  18-01-14  RDOZ
 何気に、ゲームコントローラの記事ばかりだな。それほどゲーマーでもないんだが。
#27  18-01-12  RDOZ

 3:20過ぎくらいから。
#26  18-01-12  RDOZ

 いつのまにか、オフィシャルビデオが沢山あがってる。当時、衝撃的だったけど、今見ても、才能があふれ出てる感じがすごい。

 レボリューション時代が一番好き。
#25  17-11-19  RDOZ
 アートディンクの名作シミュレーションゲーム「The Atlas」。昔やった PC-98版ではなく、スーファミ版をやってみた。イヴラークの骨は、宝物探しの途中に偶然見つけただけで、謎はさっぱり??? あんなヒントで解る人いるのかね。
#24  17-09-25  RDOZ
 ゲーム機 Wii を手に入れてから、なぜか、ずーっとやってるゲームキューブのRPG「ホームランド」。各シナリオをクリアする毎に、マスコットと呼ばれるキャラクターが追加されるのだが、ダブってばかりで、残り2キャラ(ポルカとコムコム)が埋まらない。


 ターン式戦闘システムの出来がいい。既存のどのRPGよりも優れていると思うんだが、続編は出てないんだな。
#23  17-07-26  RDOZ
 Google を騙る SMSメールが来た。
コンテンツ利用料について確認事項がございます。本日ご連絡無き場合、法的手続きに移行致します。グーグルサポート窓口03-6635-7921
#22  17-06-22  RDOZ
#21  17-06-17  RDOZ
TwitCasting 新しいAPI(ベータ)
APIv2ドキュメント

 OAuth認証。ユーザは、アプリにIDとPASSを入れなくてよくなる。というか、Webアプリ向けだろうから、デスクトップから使うには、ブラウザを経由する、超マヌケな仕様に。
#19  17-05-18  RDOZ

 Guardians of the Galaxy 好き。サントラのセンスもいい。映画は古いのも見るようにしてるが、音楽までは手が回らない。

 ケヴィン・ベーコンの件で、めっちゃ笑ったわ。続編には、スタローンよりベーコン呼べば良かったのに。
#18  17-04-25  RDOZ
 Amazon.jp なら大丈夫だろう、ってのは甘かった。現在、マーケットプレイスは酷いことになっている。休眠アカウントが乗っ取られて詐欺に使われているようだ。

 一見、ちゃんとしたショップに見えるが、まじまじ見ると、大昔の評価で、最近のじゃないことが分る。何度かマケプレで買い物していて、油断してるとやられる。
#17  17-03-17  RDOZ
 前は、電子パーツとか、AliExpress で買い物していたんだけど、届くの遅いし、トラブルだらけなんで、最近は使っていない。

 デタラメな業者が多すぎなんだよ。というか、あれ業者じゃないんだろうな。注文受けてから、品物を探しにいく感じ。

 数量違う、物が違う、届かない、トラブルの度に、謎英語使って問い合わせないといけない。さらに、向こうの英語も怪しかったりもするし、益々話が通じない(笑)。
#14  17-02-27  RDOZ
Raspberry Pi Zeroがついに国内発売
 残念ながら、Arduino ほど敷居は低くないんだよなぁ。

 Lazarus が動くらしいんで、言語的には問題ない。重要なのはライブラリの対応。試すのは、まだ先かな。
#13  17-02-02  RDOZ
 ダフが、意地悪してるwww。
#12  16-12-02  RDOZ
 前座に、なんと、ベビメタ。アクセルは、外見といっしょに中身も丸くなったであろうからトラブルはないだろう。
 セント・ルイス暴動あたりのアクセルを思えば、まるで別人。まぁ、あの頃は客が撮影するのにも厳しかった。今じゃ当たり前のように、スマホで盗撮しまくりだし、何気にカメラの性能も上がってるんで、結構営業妨害的な感じではある。
#11  16-10-08  RDOZ
 MKV ファイル の 分離・抽出ツール mkvdemux をアップデート。開発環境が新しくしたので、変かも。
#10  16-06-30  RDOZ
 MKV ファイル の 分離・抽出ツール mkvdemux をアップデート、チャプターデータも取り出すよう変更した。

 取り出したチャプタファイル(テキスト形式2種類)は、mkvmerge GUI のグローバルオプションで、指定できる。

links
search

recent comments
categories