^ page top

2018-01-24

 Arduino MEGA 2560 を使ったロム吸い出し機。ゲームボーイは、スーパーゲームボーイの変換アダプタを経由するが、吸い出し機自体は、プログラムも含めて共有される。スライドスイッチ切り替えで、緑がスーファミ、赤はゲームボーイ。青は、アクセスランプ。

 PC側の吸い出しソフトは、タブで切り替え。下部のバイナリは、SRAMを読み込んだもの、つまりセーブデータ。特殊チップのカセットには、最初から対応する気がない。


参考リンク
 GBCartRead: Arduino based Gameboy Cart Reader ROMの読み込み方の解説
 GBxCart RW GBのダンプしたいだけなら、コレ買うのが早いな
 Cartridge Reader Shield for Arduino Mega 2560
2018-01-20
 先に作ったスーファミ用の吸い取り機と合体するタイプ。Arduino 側のプログラムで使うピンを、共通にしておけばいい。

 ジャンクなスーパーゲームボーイだけあればいいので、コスパ最強。コネクタのピンは、互い違いになっているので、ピッチが狭いことも無く、ハンダ付けは楽。


 コネクタ以外の部品を取り去って配線し直すだけ。ただし、表裏あるので下準備しておかないと間違う。実は、これ2つ目。1つ目であれこれ実験して汚くなりすぎたので作り直した。スーパーゲームボーイは、沢山出回ってて工作にはもってこいの素材。

 重心高くて不安定だが、収まりはいい。カセットの殻が重いので、実際に使う時は裸で使うか、寝かせた状態の方がいいかも。

 コネクタ2つなので、接触がちょっとでも悪いとエラーになってしまう。せめて、スーファミのコネクタ側は、ぴったりの位置にセットできるようガイドを作らないとだめだな。
2018-01-19
 吸い出す前に、まずは、ロムカセット・コネクタと、Arduino をつなげる部分を作らないといけない。変換基板を入手できれば、コネクタをハンダ付けするだけでいいが、自分でやるなら、スーパーゲームボーイ(又はゲーム機)を改造するか、コネクタを入手して、手配線で変換するかのどちらか。以下は、後者の作業例。

 ハンダ作業に慣れているなら、コネクタに直接、電線をハンダ付けすればいい。実物見て、厳しそうと思う人向けに、ゲームボーイ・ソフトの基板を挟むやり方を紹介する。

 いらないゲームボーイ(カラー?)・ソフトの基板の端子部分を切り出して、端子の根元部分の穴に、電線を通してしまう。穴を通すことによって、ハンダ付け中に、電線が抜けたり、ずれたりすることがなくなるのがミソ。半透明のカートリッジだと裏側から穴有りの基板かどうか確認できる。

 電線は、短く切りそろえて、スルーホール、又は端子の根元側にハンダ付けする。先端側には、裏返したコネクタをハンダ付けする。両側とも必要部分までギリギリカットしてコンパクトな仕上がりにも出来る。

 ハンダ面に、エポキシ接着剤をたっぷり塗ってユニバーサル基板にくっつける。たっぷり塗らないと、ユニバーサル基板の表面でショートしてしまう。後は、好きな配列になるように配線。この例だと、裏側に、ピンソケット(5ピン+24ピン+3ピン=32ピン)を付けて完成。

 接続を自由に変えられるこれでテスト。動作確認できたら、スーパーゲームボーイ改の変換アダプタを使う。
2018-01-18

 古い電池は、タブごとハンダコテで簡単に外せる。新品のタブ付き電池があれば、交換も簡単。なければ、適当な電線の切れ端等で、タブ代わりに繫いで、セロテープで留めれば大丈夫。スポンジみたいなもので、高さをかせいで、カセットの蓋の圧力で固定できるようにしておけばいい。

 手持ちの表面実装のソケットを付けてみた。横方向は、ぴったり。高さが…。

 全然、問題ないな(笑)。時計入りの電池消耗の激しいソフトは、最初から電池交換できるようにしとけばいいのに。というか、交換可能なカセットも見たことあったような。

 ちなみに、CR2025は、CR2032 の薄いやつ。厚さ 2.5mm と、3.2mm の違い。小さいのは、CR1616。いずれも、3V。タブ付き電池を使うのが、簡単だし、仕上がりもキレイで、確実。

 電池を付け替えるぐらいなら、安物のハンダこてでも問題ないが、しょっちゅう使うのならば、温調ハンダこてを、最初から選んでおくべき。僕は、HAKKO 936のパチモンを使っている。替えのこてや、コテ先とかのパーツが安い。ただし、本物とのクオリティの差は、歴然、あくまでも、別物。
2018-01-14

 最初に組んだやつを、ロムカセットの向きが逆じゃないかとなじられ、バカにされ、くやしさに涙で枕を濡らすこともなく、すっかり忘れていたのですが、先日、記事を書いた後、思いだして、きちんとした向きになるよう作り直した。配線も、Arduino・Windows 両プログラムも「ホンコン」 with Arduino とは、互換性無しの別物になった。

 最初、Cartridge Reader をパクろうとしたが、難しくて(笑)そうそうに諦めて、元の akkera102氏のをベースに再構築した。こちらは、たいへん読みやすくて、素人にも分かる良いお手本。学習のためなので、中身が何をしているのかぐらい理解しないと意味が無い。
 とか言いつつ、全ての理解からは、程遠いので、相変わらず未完成なまま。まぁ、また必要になったら、その時に作業すればいい。
参考リンク
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino を作る ©akkera102氏の Arduino MEGA 版
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino ©たにやま氏の Arduino Uno 版
 Cartridge Reader Shield for Arduino Mega 2560 チェックサムの計算だけパク...
2018-01-13

 Wii のゲームキューブのコントローラ・ポートにスーファミコントローラを使えるようにする改造。変てこなゲームキューブのコントローラを使いたくない人向けかな。

 でも、この前のWii Retro Pad Adapterがあるのに?と思われるかもしれないが、直差しなので、いわゆるハック済みの Wii ならば、リモコン無しで、そのままゲームできちゃうのがミソ。リモコンも、センサーバーも不要、もちろん、GCコントローラに対応してる必要はあるが。

 無改造の Wii は、リモコンがないと何も出来ない。Wii の元々のホーム画面は、リモコンあるいは、リモコンに接続したコントローラでないと入力出来ない仕組みになっている。ハックは、悪いことしようとかじゃなく、それを回避するために必要(僕が実行しているとは断言していない)。リモコンを売るための制限なのだろうが、中古Wii が、やたら安かったりするのは、この罠のせいでもある。

 小型モニタと組み合わせて目の前で使っていると、リモコンは煩わしいだけだからね。




 謎の黒ポッチ追加。Snes9x GXのメニューを呼び出すのに使う(X+Y+L+R)。


 RetroArch を動かしたら、メニューに戻るのが、SELECT+START+L+R だったので、SELECT と START も同時押しできるよう結線した。設定で変えられそうだけど、チョー不親切っていうか、玄人仕様で、意味不明なんだよな。調べるよりも、ハンダ付けしたほうが早いとか。
2018-01-11

 本当は、色んなのが接続できるよう中間コネクタ(シリアル D-Sub 9ピン)経由するみたいだが、邪魔なのでコントローラ側に基板を埋め込んで、リモコンと直結できるようにした。

 スーファミ実機は、寿命なのか調子悪い。AVケーブルのせいかと、買いなおしてみたが、やはりダメ。Wii のエミュの方がキレイに映るし、このコントローラで完璧。
参考リンク
 Wii RetroPad Adapter GitHub - bootsector/wii-retropad-adapter
2018-01-03
 ま、AliExpress。急いでないからって、久々に頼んだら、あいかわらず。
俺「届いたけど、説明にあったのと違います。」(写真添付)
店「よく分からないけど、動かないの?」
「動くとか動かないじゃなくて、説明にあったのと仕様が違うでしょ!」(さらに、写真添付)
「いや、だから動くでしょ?」
「注文ページの型番・仕様の品物が必要なの!!」(さらに、さらに、写真添付)
「同じものだと思うよ。」
「いや、いや、いや、見るからに違うじゃん!!!」(ピキピキ)

  ※最初に戻って、商品の違いの説明を、バカ詳しく繰り返す

「やっぱり、同じものだと思うよ。」
 こんな調子のやりとり、ストレスで、ハゲるわ。

 面倒になって諦める利用者も多いのだろう。ショップの対応が悪くても、AliExpress の裁定もあるじゃないかと思うかもしれないが、これも、残念ながら、フェアなものとは思えない。そもそも、AliExpress 側がキチンとしていれば、いい加減なショップは、出店禁止なり、ペナルティくらうなりするはずじゃないか。


Aliexpress 鉄則

「高いものは買うな」 失敗しても諦められる金額までのものを
「壊れそうなのは頼むな」 長物、凸凹、プラスティック
「納期などあてにするな」 急ぎのものは頼まない
「評価を信用するな」 参考程度に
「トラぶったら、即、Open Dispute」 ショップとのやり取りは時間の無駄
 喧嘩上等な人、ヒマな人以外は、大人しく国内通販を利用するべき。時間的なものも考慮すれば、同じ商品で高いのも、納得できます。ストレスフリーで買い物できたほうが、結局はよかったってことに。

 それでも、まともなショップもあるんだよね。安くても速かったり、梱包も丁寧だったり、こればっかりは、利用してみないことには、分からないからね。
2017-12-31
 スーファミ・ゲームの事を書いたので、一応記事にしておく。年末の記事だが、時系列的には、もっと前、内容も古い。下記のダンパーは既にバラして作り直し済み


 エミュレータや吸い出し機の話をすると、すぐに違法だなんだと、ケチをつけたがるやつがいる。DVD なんかは、私的複製でもプロテクトを解除するからダメとかいう、キチガイじみた法律が出来た。ゲーム・ソフトもそれと同じという主張だ。だが、昔のゲーム機のソフトは、暗号化はされていないので、自分の持ち物をどうしようが、問題はないはず。アップロードや、ダウンロードがどうのというのは、別次元の話。
吸出し機リンク
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino を作る ©akkera102氏の Arduino MEGA 版
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino ©たにやま氏の Arduino Uno 版
 昔からのゲームオタクならば、各種ゲーム機といっしょに、この手の謎デバイスを持っているはず。昔の吸い出し機は、パラレルポートを使ったものだったが、今時は、USB 経由の Arduino で出来るらしい。上記リンク、akkera102氏のは、Arduino MEGA に、カセットスロットと、実にシンプルなので、まねて組んでみることに。

 カセットを差し込む受け側のスロットは、2.54mm ピッチの片側 23x2=46ピン以上のものが必要。これが、なかなか見つからない。結局、NINTENDO64用の50ピンので間に合わせた。Arduino MEGA の上に乗っかる仕様にしたかったので、空シールドを使って、ちまちま手配線した。接続数が多いのが面倒なだけで、難しいわけではない。

 インジケータ用の青色LEDと、デバッグ用の LCDモニタのコネクタを追加。空シールドのリセット用タクトスイッチを、軽い力で押せるマイクロスイッチに交換。配線が楽そうな向きに合わせてハンダ付けしたら、カセットの向きが逆だった(笑)。男は細かいことを気にしちゃあダメなんだよ。

 未完成のWindows 側コントロールソフト。Arduino に命令を送ってデータを受け取る。元ソースを参考に、Delphi で組み直そうとしたが、そもそもの仕組みがわかっていないものだから、作業が進まない。これじゃ駄目だと、スーファミのロムまわりの資料を、しばらく眺めたが、中々難解。わからないなりにも、Arduino 側の配線の役割と、ロムのタイプによって色々と処理も変えないといけないのも分かった。
スーファミ資料リンク
 SNES Kart  ピン情報
 SNES LoRom Memory Model HiROM より面倒
 なんだかんだで、とりあえず、ジ・アトラスのセーブデータは出し入れ出来るようになった。肝心のデータは、テストを繰り返すうち消えてた(笑)。がっくりしつつも、また、最初から始めることになったが、エミュでやれば、セーブ&リロード使いまくりで、ゲーム進行は速いはず。

 市販の吸い出し機を買っても、数千円から1万円くらいだし、電子工作の道具とか持っていないなら買ったほうが早い。それでも、Arduino は、他でも色々使いまわせるし、何しろ素人でも扱えるシンプルさ、学習のしやすさ、興味あるなら試してみるといい。

他の吸出し機リンク
 Cartridge Reader Shield for Arduino Mega 2560 N64 や GB も読めるらしい
The Atlas(ジ・アトラス)の世界地図を描き起こす 力技www
オリジナル吸い出し機 最終的には、ゲームボーイ用も兼ねる
2017-12-29

 Wii のリモコンに、他のゲーム機のコントローラを繋げる実験。市販でも、この手のアダプタはあったような気もするけれど、色んなのに対応しているのがいいね。Wii 用スーファミコントローラも作れそう。

 とりあえず、PS2のは、認識したが、PSの格ゲーコントローラは、駄目だった。readme には、Playstation digital pads and Playstation 2 pads とあるのに。純正のやつだけなのかな。
参考リンク
 Wii RetroPad Adapter GitHub - bootsector/wii-retropad-adapter



 スーファミのは、あっさり、つながった。スーファミのコントローラ基板をつかって格ゲーのコントローラを乗っ取ればいいのか。後3個くらいは、格ゲーコントローラ持っていたはずなのに、押入れの奥かなぁ。

 純正のWii 用スーファミコントローラは、限定だったし、ミニスーファミのコントローラは、そのまま使えるそうだけど、あれは、別売りしてるのかな?昔のと同じ精度の純正コントローラなら、サードパーティの製品とは、段違いの出来だからなぁ。
2017-12-04
 地図作成ゲームである「ジ・アトラス」を、20数年ぶりにチャレンジ。不満な点も多々あるが、シミュレーションゲームの傑作だと思う。最初にやったのは、PC-98 版で、今思えば、マウスの操作性に難があったが、スーファミ版は、6ボタンに上手いこと割り振られていてコントローラで問題なく遊べる。ただし、セーブ&ロードを繰り返す作戦(ちょっぴりズル?)なしには、航海の拠点となる商館が造れず、手詰まりになる可能性が高い。

 で、完成したスーファミ版の世界地図を、PC上に力技で展開してみた。力技というのは、詳細表示を無理やり繫ぎ合わせるローテク作業。巨大な画像ファイルを書き出すだけで、一日つぶれた(笑)。


 1周目の完成地図。ロシアにデカイ未確定領域が残ってしまった。

拡大図(中) 、詳細図(大)、フルスクリーン閲覧用

 今時のPCの解像度とマウスであれば、スムーズに閲覧可能だが、実際のゲーム上で、宝物を発見するには、ほんの数ブロック分しか見えない詳細表示にする必要があって、結構大変だし、だからこそゲームとして成り立つわけで。

 必死こいて頑張ったのに、クリアイベントだけじゃ、いまひとつ達成感がないし、PC上で見れたら、クリア記録にもぴったりでしょ。


 2周目。やっぱり、南極はないのか。

拡大図(中) 、詳細図(大)、フルスクリーン閲覧用


 プレステとかの続編もあるらしいが、動画みても、何か違う。ぶっちゃけグラフィックとか、そんなのはどうでもいい、今風のオペレーションに対応した初代アトラスが欲しいんだよ。

Rom Dumper エミュレータのお約束
2017-11-28

 wii のリモコンには、赤外線を受け取るセンサが内蔵されている。センサーバーは、そのセンサに向けて、ただ赤外線LEDを光らせているだけなので、簡単に自作できる。

 純正のセンサーバーは、1~3mくらい離れてつかうことを想定していて、近距離では上手く動かない。左右のLED間隔を狭くすることで、より近い距離でも操作出来るようになる。

 材料は、適当なUSBケーブルに、赤外線LED が2つと、抵抗ぐらい。直列につないで、ついでにスイッチをつけた。ハンダ面が凸凹しているので、薄いプラスチック板を、ホットボンドでくっ付けて平らにした後、両面テープでモニタに貼り付けた。

 PC でも、このリモコンが使えるらしいので、USB 端子(5V)仕様にしておけば、何かと便利なはず。
参考リンク
 LED抵抗値計算
2017-11-15

 連射コントローラの改造用に使った LMC555(タイマーIC)の周波数を計算するソフトです。入力パラメータは、上から、Ra 抵抗、Rb 抵抗、Rb’ 可変抵抗、C コンデンサの4つ。発振タイミングが固定でいいのであれば、可変抵抗は必要ありません。

 上図の例で言えば、Rb の抵抗値は、22kΩから、1022kΩ まで変化した場合。それぞれ、32.1 ~ 0.7回/秒、発振するということです。% は、デューティ比です。
Download
lmc555_20171115.7z7-Zip (解凍ソフト)

 ※ Windows 32bit アプリ、自己責任で実行のこと
 ※ 動作報告、不具合報告は、この記事にコメント願います、メール対応はしません
 ※ 商用・悪用・改変・再配布禁止
コントローラの連射改造 連射機能を追加


追記 2018-06-23
 右クリックのメニューから、メモ用のキャプチャ画像を保存できるようにした。
Download
lmc555_20180623.7z7-Zip (解凍ソフト)

 ※ Windows 32bit アプリ、自己責任で実行のこと
 ※ 動作報告、不具合報告は、この記事にコメント願います、メール対応はしません
 ※ 商用・悪用・改変・再配布禁止
2017-11-06

 Arduino で USB変換して、Windows上で連射速度のチェックをする。33.1連射/秒、計算ソフトの理論値は、32.1 なので大体あっている。

参考リンク
 USB Gamepad Using Wii Classic Controller and Arduino Leonardo USB変換
 Shwatch++ 連射測定ソフト
2017-11-06

 連射基板は、5回作り直した(笑)。

 スティックの横の隙間に設置。

 切り替えスイッチで、ボタン毎に連射オン・オフを切り替え出来るようにした。
2017-11-01

 クラシック・コントローラ(本物)に、連射ボタンをつけた。一応、動いてるっぽいが、埋め込むには、小さく作り直す必要がある。

 wii 自体は、ろくなゲームがないが、レトロゲーム機のエミュレータとして有能。今更、ファミコンや、スーファミをゴチャゴチャつなげるのも鬱陶しいからね。
参考リンク
 タイマーICを使ってみよう 武蔵野電波のブレッドボーダーズ
 LMC555 CMOSタイマ ナショナルセミコンダクター データシート
rdoz.blog
管理人の趣味ネタ
 Arduino、映画、メカニカル キーボード、
  プログラミング、レトゲー etc...


#35  18-07-28  RDOZ
 Bluetooth モジュール HC-05 のファームウェア書きかえ作業。が、外れチップの製品で動作不可だった。BlueCore4 チップのボードが必要らしい。僕のは、BlueCore3だった。
#34  18-07-17  RDOZ
ESP NOW
 ESP8266 は、接続を確立する(IP取得)のに時間が掛かるから、スリープ復帰からのリアルタイムな処理は無理、と思ってたら、直接2台でやり取りできるらしい。
#33  18-06-23  RDOZ
 LMC555 タイマーIC 計算ソフトを更新。メモ代わりにキャプチャ画像を保存できるようにした。
#32  18-05-17  RDOZ
weatheroid Airi Channel
 タイムリーなことに、ポン子・チャンネル開設された。木曜が本放送(山岸さん)だが、他の曜日も面白い。23時から。
#31  18-05-11  RDOZ

 見ていられる バーチャルYouTuber って、ポン子ぐらいだよな。
#29  18-03-15  RDOZ
 最近、mkvdemux が、よくダウンロードされている。今頃、MKVブームなのか?
#28  18-01-14  RDOZ
 何気に、ゲームコントローラの記事ばかりだな。それほどゲーマーでもないんだが。
#27  18-01-12  RDOZ

 3:20過ぎくらいから。
#26  18-01-12  RDOZ

 いつのまにか、オフィシャルビデオが沢山あがってる。当時、衝撃的だったけど、今見ても、才能があふれ出てる感じがすごい。

 レボリューション時代が一番好き。
#25  17-11-19  RDOZ
 アートディンクの名作シミュレーションゲーム「The Atlas」。昔やった PC-98版ではなく、スーファミ版をやってみた。イヴラークの骨は、宝物探しの途中に偶然見つけただけで、謎はさっぱり??? あんなヒントで解る人いるのかね。
#24  17-09-25  RDOZ
 ゲーム機 Wii を手に入れてから、なぜか、ずーっとやってるゲームキューブのRPG「ホームランド」。各シナリオをクリアする毎に、マスコットと呼ばれるキャラクターが追加されるのだが、ダブってばかりで、残り2キャラ(ポルカとコムコム)が埋まらない。


 ターン式戦闘システムの出来がいい。既存のどのRPGよりも優れていると思うんだが、続編は出てないんだな。
#23  17-07-26  RDOZ
 Google を騙る SMSメールが来た。
コンテンツ利用料について確認事項がございます。本日ご連絡無き場合、法的手続きに移行致します。グーグルサポート窓口03-6635-XXXX
#22  17-06-22  RDOZ
#21  17-06-17  RDOZ
TwitCasting 新しいAPI(ベータ)
APIv2ドキュメント

 OAuth認証。ユーザは、アプリにIDとPASSを入れなくてよくなる。というか、Webアプリ向けだろうから、デスクトップから使うには、ブラウザを経由する、超マヌケな仕様に。
#19  17-05-18  RDOZ

 Guardians of the Galaxy 好き。サントラのセンスもいい。映画は古いのも見るようにしてるが、音楽までは手が回らない。

 ケヴィン・ベーコンの件で、めっちゃ笑ったわ。続編には、スタローンよりベーコン呼べば良かったのに。
#18  17-04-25  RDOZ
 Amazon.jp なら大丈夫だろう、ってのは甘かった。現在、マーケットプレイスは酷いことになっている。休眠アカウントが乗っ取られて詐欺に使われているようだ。

 一見、ちゃんとしたショップに見えるが、まじまじ見ると、大昔の評価で、最近のじゃないことが分る。何度かマケプレで買い物していて、油断してるとやられる。

links
search

recent comments
categories