^ page top

2018-06-29


 スロット脇に、カセットの凹みに合わせた木製ブロックを追加。差し込むだけでぴったり位置決めできるようになった。無理やりくっ付けたので汚いが、ぐらつきも無くなって一石二鳥。

 スロットをハンダ付けする前なら、カセットに刺して、裏から隙間を埋める工作が簡単に出来るので、キレイに仕上げられると思う。ブロックじゃなくて、アルミ板をコの字に曲げたものでもいいかも。

 そもそも、スーファミ実機か、スーファミ用のスロットを見つけてくれば良かったのかもしれない。でも、フルサイズのスロットは、シールド基板に収まらずに、ハミダシそう。いっそ、ケーブル式にしたほうが、スマートかな。いや、でも Arduino と合体したほうがカッコいいじゃない。



 スーパーゲームボーイ改の変換アダプタもスーファミ・カセットと同じサイズだから、こちらもピッタリ。ついでに軽量化した。スーファミよりも、ゲームボーイのカートリッジの端子面が小さいので、酸化の影響が大きい気がする。ふうふう吹いて差しなおすと認識するとか。
2018-06-25

 アクティブにしたウィンドウを取り込むようにした。chrome 上のライブも、他アプリと同様に呼び込めるので、埋め込みブラウザっぽくみえる。
2018-06-23

 使うか分からないが、一応、連射基板も作っておく。LED をつないで、GCコントローラの電源を借りてテスト。可変抵抗に合わせて、それっぽく点滅している。

 前に、クラコン用のを作ったはずなのに、すっかり忘れてる。コンデンサが、はみ出してるし。計算ソフトは、作っておいて正解だった。

LMC555 タイマーIC 計算ソフト 抵抗、コンデンサ値を入力して連射/秒を計算
2018-06-19
 乗っ取りに使うゲームキューブ・コントローラの基板。バラすには、Y字ドライバが必要。MITSUMI の 23-0899D と書いてある。ネットで見かけたのとは、微妙に違っていた。

 アナログ部品は、使わないので、ハンダを吸い取って外す。必要なのは、デジタルなボタン入力のみ。ボタンの所の黒い導電部分を削って配線する。ハンダ付け後、ホットボンドで外れないよう補強。

 ピンヘッダを付けた後、wii に接続してテスト。各ボタンピンと、GNDピンをショートさせて、反応しているか確認する。


追記 2018-06-20

 Wii 用と言っても、Wii で遊ぶゲームは無いわけで、ゲームキューブは、素のコントローラか、Wii リモコン経由のクラコン。この改造コントローラは、主に RetroArch で使うことになる。ホットキーの割り当て用に、アナログスティックを一つ有効にした。


追記 2018-06-23

 アナログスティックのケースへの取り付けが難しいようなので、スティック2つ分から、4本分の信号を取り、ボタンに接続できるようにした。
2018-06-17

 セガサターン用のHORI製コントローラ。レバーが何気にいい感じだったので、ついつい買ってしまった。wii で使えるよう改造するつもりなので、即分解。筐体とレバーとスタートボタンは、そのまま使えそう。

 分解には、+ドライバー、星型?ドライバー。後は、ボタンが基板に直接つけられているので、ハンダコテと、吸い取りすっぽん。吸い取る時は、一度新たにハンダを足してから吸うと、キレイに取れる。

 wii 用といっても、より使い勝手のいいゲームキューブ・ポートに接続するタイプをつくる。基板は、GCコントローラを乗っ取ればいいので、難しくはない。大変なのは、ボタンを乗せる天板の工作だな。
2018-05-30

 
 配信モードと、閲覧モード。OBS でウィンドウを指定すれば、そのままフォーム内容を配信できる。

 みくみくまうすを召喚してみた。コメントを読ませるつもりは無くて、横にいるだけ。全く意味は無い(笑)。

 自前で、MMD描画の実装が出来れば、色々な事が出来そうではある。ま、無理だな。コメビュ作成の何倍も難しい。

 この右のスペースには、何か実用的な機能を盛り込みたい。



追記 2018-06-10

 配信補助機能として、お絵かき、ブラウザ、みくみくまうす。ブラウザは、CEF。ファイルごちゃごちゃで、実装がそもそも美しくない。最新のはエラーで動かないし。

 3つとも却下だな。バーチャルユーチューバー向けなら 3tene(ミテネ)ってのもあるが、いずれにしろ、MMD は、規約が色々とあって面倒くさそうだ。


追記 2018-06-11

 よく考えたら自前の中途半端なのを実装するよりも、好きなアプリを呼べるようにしておけばいいだけだな。ペイントだろうが、ブラウザだろうが、ウィンドウさえあればいいわけで。
2018-05-26
 結局、塗装というか、下地作りに失敗したので、仕上げ塗装せずに、諦めて使えるよう組み立てた。すでに新たなジャンク DS Lite は手に入れているので、時間があればパテ埋めから、やり直すつもり。



 初音ミクっぽい青緑色(タミヤのコーラルブルー)は、黒ボタンと合ってて良い。現行の Nintendo Switch もオレンジと、この色の組み合わせかな。裏側は、濃いグレー(Mr.カラーのネービーブルー)。

 カラースプレーは、100均にもあるが、クサすぎて体に悪そうなので、クレオスか、タミヤのプラモ用をオススメします。



 吸い出したロムは、Goomba Colorを使ってGBA 形式に変換後、SuperCard のツールで、メモリーカードに転送。SuperCard の同時押しは、無改造だと厳しい。

2018-05-17
 Youtube のAPIを使うソフトウェアを動かすには、「クライアント ID」と「クライアント シークレット」の2つが必要。以下、両コードの記録されたファイルのダウンロードまでの手順をまとめておく。基本的には、YouTube Data API の概要 の手順通り実行すればいい。当然、Google アカウントを予め取得しておくこと。

 Google Developers Console の API のページで設定する。取得するコードはもちろん、操作もGoogle アカウントに全てヒモ付けされているので、他人にコードを渡したり、悪いことに使ったりしたら大変なことになるので、その辺を理解できていないユーザは、利用してはいけない。API の利用が有料な部分もあるので、おっちょこちょいな人は十分注意して操作すること。
新規プロジェクト作成

利用する API の有効化



OAuth の認証情報を作成

 OAuth クライアント ID → その他 を選択


 同意画面で、メールアドレスとサービス名を入力
コードの記録された JSONファイルをダウンロード

 作成した名前をクリックして、開いたページの上部メニューのダウンロード・リンクから JSONファイルを保存する。

2018-05-12

 1.6.4 から、最新の 32 bit版 1.8.2 に入れ直した。特別何か変わった感じはしない。メニューアイコンが違うくらいか。旧Delphi 風インターフェイスは、圧倒的に使いやすい。弱点は、悲しいまでの参考資料の無さ。

 新規の使い捨てプログラムは、Delphi 5。ユニコードを扱うなら、Lazarus。きちんとした新規プログラムは、Delphi 10.1 で。ま、似て非なるものなんで、どれかに統一とか、もはや無理。
2018-05-10

 コメビュっぽく動くようになった。進捗60%くらいか。後は、書き込みテスト用に、自分でテスト放送しながら、試さないとダメか。YouTube のAPI実験用のサンプル放送してくれればいいのに、気が利かないな。API説明ページの日本語化も中途半端だし。

 API で使うアクセストークンてのは、1時間で期限切れになるんだね。なんで止まっちゃうのか、謎だったんだが、今頃気づいた。

 1万人越えのライブだと、アイコン画像の読み込みが間に合わない。画像読み込みスレッドを多重化すればいいのか。というか、そもそも、コメント数量的に、配信主は読み切れないよな。


追記 2018-05-12

 フォーム最上部の、チャンネルを登録しているリストと、そのチャンネルで放送している番組のリスト。この2つは、Lazarus の コンボボックス(TComboBox)を使っていたが、ドロップメニューが勝手に閉じるようになってしまって使い物にならない。数日前は、平気だったから、スレッド化が影響を与えていると思われる。

 解決方法が分からず、前のプログラムでは、コンボボックス風のフォームを表示してごまかしていたが、今回は、TComboBoxEx っていうのを初めて使ってみた。今ひとつ使い方が分かっていないが、こちらは、勝手に閉じるようなこともない。
2018-05-03

 コメントビューアの最低限の通信処理はできた。後は、書き込み処理部分つくって、見やすいようセル表示にすればいい。ふわっちコメビュの通信部を入れ替えるよりも、新規で作ったほうが早いような気がするなぁ。


追記 2018-05-05
 コメントの書き込みが出来ない。どうやるんだ? これだから、マイナー言語は辛い。最近の言語は、みんなライブラリ化が進んでいて、参考にすらならない。とりあえず、セル表示になった。

2018-04-16

 人気のライブは、すんごい勢いで、コメント流れてるなw。

 YouTube Live 用コメビュが、作成可能なのかチェック中。ネットの情報を参考にしつつ、ライブ動画の、チャットデータを取り出す部分を、Lazarus でプログラム。きちんとした API があるので、出来そうな気はする。

 OAuth の認証部分は、ツイキャス用を途中まで作業していたので、それが使えそう。デスクトップアプリなのに、ブラウザ使って認証ってのは、どうも馬鹿みたいなんだが、もっとスマートに出来る方法は無いのか。

 認証がうまくいくと、アクセストークンがもらえる。コレと、VideoId を使って、LiveChatId を引っ張ってくる。後は、その LiveChatId の指定してコメントを取り出す。ここで、更新のためのポーリング時間が指定されているのだが、5秒とか、とても使えないような間隔が指定されている。リアルタイムっぽく処理するには、それを無視しないとダメ。でも、それをやると、API のリクエスト数の制限に引っかかるかも? コメント自体は、API を使わずに取得するのが現実的か。

YouTube Data API (v3)
 OAuth 2.0 認証の実装
 API Reference


追記 2018-04-19
 API を使わずとも、とれないこともない。ダメなときはこちらで。普通にスクレイピングしても、データは、結局 JSON形式だしな。

2018-03-31
 Supercard Lite 用 改造基板の最終形。Yボタンが、SDカードへのセーブデータ保存。Xボタンで、リアルタイムセーブ。メニュー呼び出しは、電源スイッチを入れ直せばいいので追加のスイッチは無くした。ケースに干渉することもなくなったので、分解、組み立てが簡単に。

 裏面、スピーカの下にあるのは、同時押し処理のダイオードをエポキシ接着剤で固めたもの。

 基板2つ完成。後は、筐体側の加工。

2018-03-23
 ケースは、後で作り直すとして、適当に塗装して仮組み。液晶は、互換品の新品に。視野角狭いが、真正面以外から見る必要はないので、問題なし。


 SLOT1 と、タッチペンの穴は、パテで埋めた。追加したスライド・スイッチは、マジコンの通常セーブか、リアルタイムセーブかの切り替え(同時押しでの、Aボタン、Bボタンの選択)。もう片方は、クロックアップ用のスイッチにするつもりだったが、GBAカートリッジ以外では、動かないので外した。

 スピーカは、オリジナルを流用せずに、より小さな楕円タイプのものを、裏面中央に2つ配置。裏面右だと、持ち手でスピーカ穴をふさいでしまって聞こえにくい。GBAカートリッジか、SLOT2 のマジコンを使うのならば、SLOT1 は不要。でも、GBAってステレオ対応してたっけ?
2018-02-20
 2台目、作業中。やはり、ケースの加工が、大変すぎ。

 サーフェイサ2度塗り目。下地つくりに失敗したのは、何ともならないな。穴が埋まってれば良しとしよう。

 上画面が、無くても DS画面を起動するには、330Ωのチップ抵抗を追加すればいい。表面実装用 1206サイズで、ぴったり。

参考リンク
 Macro Tutorial (DS Lite) 改造チュートリアル
2018-02-15
 DS Lite の下半分を使って、GBA(SLOT2)もどきを作る。上画面無い分、軽くなって、バックライト付き。DS Lite は、比較的手に入れやすいので、GBA の携帯ゲーム機が欲しいのならお勧め。

 ただ、動けばいいのならば、ボタンの配線は不要。ヘッドフォンを使うなら、スピーカーの移設も不要。抵抗付けろとかいうのも、GBAモードなら、不要(ただし、設定は先に済ましておくこと)。


 SLOT1を、ただ、外したのではなくて、GBA, GBでは、認識しないX、Y両ボタンを、マジコンのメニューとセーブに割り振った。メニュー呼び出しが、L+R+SELECT+START。リアルタイムセーブは、L+R+SELECT+B。Lite のボタン配置だと、普通に押すのは、無理。このワンボタンの改造版に慣れてしまうと、もう他のDSでは遊べない。

 仮組みして、とりあえず、動くのは分かった。きちんとしたものを作るには、筐体の加工が、一番大変。見た目がどうでもいいなら、それほど難しい作業ではない。

 ちなみに、GBA のロム・データは、SLOT1 のマジコンと、ノーマルの DS Lite で吸い出せる。GBは、この間つくった吸い出し機を使う。もちろん、普通のGBA のロムカセットも、普通に動く。
参考リンク
 Macro Tutorial (DS Lite) 改造チュートリアル
 Goomba Color GBA 用、Gameboy / Gameboy Color エミュレータ