^ page top

  • Lazarus 1.8.2
2018-05-12

 1.6.4 から、最新の 32 bit版 1.8.2 に入れ直した。特別何か変わった感じはしない。メニューアイコンが違うくらいか。旧Delphi 風インターフェイスは、圧倒的に使いやすい。弱点は、悲しいまでの参考資料の無さ。

 新規の使い捨てプログラムは、Delphi 5。ユニコードを扱うなら、Lazarus。きちんとした新規プログラムは、Delphi 10.1 で。ま、似て非なるものなんで、どれかに統一とか、もはや無理。
2018-05-21 12:53matsui
私の方も1.82(64bit)に変えました。TStringListUTF8 のようなutf8対応クラスや関数が不要になったのでさっぱりしました。
Delphi5は以前使っていたけど、64bit Win8.1 にインストールできなかったので使用を止めました。Delphi 10.2(無料版)は入れたけど、使ってないですね。期待したヘルプがわかりずらい。
なので、仕方なくLazarusに1つに統一しています。インストールが楽だし軽いし・・。
2018-05-21 22:09RDOZ
最近の Delphi の使いにくさっていったらホントどうしようもないレベル。僕は、Ver1.0(16bit) からのユーザだけど、いわゆるポトペタ開発環境の完成形は、間違いなく大昔の Delphi。Lazarus は、本家よりも、ある意味、正統進化していると言える。
add comment
error