^ page top

2018-01-24

 Arduino MEGA 2560 を使ったロム吸い出し機。ゲームボーイは、スーパーゲームボーイの変換アダプタを経由するが、吸い出し機自体は、プログラムも含めて共有される。スライドスイッチ切り替えで、緑がスーファミ、赤はゲームボーイ。青は、アクセスランプ。

 PC側の吸い出しソフトは、タブで切り替え。下部のバイナリは、SRAMを読み込んだもの、つまりセーブデータ。特殊チップのカセットには、最初から対応する気がない。


参考リンク
 GBCartRead: Arduino based Gameboy Cart Reader ROMの読み込み方の解説
 GBxCart RW GBのダンプしたいだけなら、コレ買うのが早いな
 Cartridge Reader Shield for Arduino Mega 2560
2018-01-14

 最初に組んだやつを、ロムカセットの向きが逆じゃないかとなじられ、バカにされ、くやしさに涙で枕を濡らすこともなく、すっかり忘れていたのですが、先日、記事を書いた後、思いだして、きちんとした向きになるよう作り直した。配線も、Arduino・Windows 両プログラムも「ホンコン」 with Arduino とは、互換性無しの別物になった。

 最初、Cartridge Reader をパクろうとしたが、難しくて(笑)そうそうに諦めて、元の akkera102氏のをベースに再構築した。こちらは、たいへん読みやすくて、素人にも分かる良いお手本。学習のためなので、中身が何をしているのかぐらい理解しないと意味が無い。
 とか言いつつ、全ての理解からは、程遠いので、相変わらず未完成なまま。まぁ、また必要になったら、その時に作業すればいい。
参考リンク
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino を作る ©akkera102氏の Arduino MEGA 版
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino ©たにやま氏の Arduino Uno 版
 Cartridge Reader Shield for Arduino Mega 2560 チェックサムの計算だけパク...
2017-12-31
 スーファミ・ゲームの事を書いたので、一応記事にしておく。年末の記事だが、時系列的には、もっと前、内容も古い。下記のダンパーは既にバラして作り直し済み


 エミュレータや吸い出し機の話をすると、すぐに違法だなんだと、ケチをつけたがるやつがいる。DVD なんかは、私的複製でもプロテクトを解除するからダメとかいう、キチガイじみた法律が出来た。ゲーム・ソフトもそれと同じという主張だ。だが、昔のゲーム機のソフトは、暗号化はされていないので、自分の持ち物をどうしようが、問題はないはず。アップロードや、ダウンロードがどうのというのは、別次元の話。
吸出し機リンク
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino を作る ©akkera102氏の Arduino MEGA 版
 こーどねーむ「ホンコン」 with Arduino ©たにやま氏の Arduino Uno 版
 昔からのゲームオタクならば、各種ゲーム機といっしょに、この手の謎デバイスを持っているはず。昔の吸い出し機は、パラレルポートを使ったものだったが、今時は、USB 経由の Arduino で出来るらしい。上記リンク、akkera102氏のは、Arduino MEGA に、カセットスロットと、実にシンプルなので、まねて組んでみることに。

 カセットを差し込む受け側のスロットは、2.54mm ピッチの片側 23x2=46ピン以上のものが必要。これが、なかなか見つからない。結局、NINTENDO64用の50ピンので間に合わせた。Arduino MEGA の上に乗っかる仕様にしたかったので、空シールドを使って、ちまちま手配線した。接続数が多いのが面倒なだけで、難しいわけではない。

 インジケータ用の青色LEDと、デバッグ用の LCDモニタのコネクタを追加。空シールドのリセット用タクトスイッチを、軽い力で押せるマイクロスイッチに交換。配線が楽そうな向きに合わせてハンダ付けしたら、カセットの向きが逆だった(笑)。男は細かいことを気にしちゃあダメなんだよ。

 未完成のWindows 側コントロールソフト。Arduino に命令を送ってデータを受け取る。元ソースを参考に、Delphi で組み直そうとしたが、そもそもの仕組みがわかっていないものだから、作業が進まない。これじゃ駄目だと、スーファミのロムまわりの資料を、しばらく眺めたが、中々難解。わからないなりにも、Arduino 側の配線の役割と、ロムのタイプによって色々と処理も変えないといけないのも分かった。
スーファミ資料リンク
 SNES Kart  ピン情報
 SNES LoRom Memory Model HiROM より面倒
 なんだかんだで、とりあえず、ジ・アトラスのセーブデータは出し入れ出来るようになった。肝心のデータは、テストを繰り返すうち消えてた(笑)。がっくりしつつも、また、最初から始めることになったが、エミュでやれば、セーブ&リロード使いまくりで、ゲーム進行は速いはず。

 市販の吸い出し機を買っても、数千円から1万円くらいだし、電子工作の道具とか持っていないなら買ったほうが早い。それでも、Arduino は、他でも色々使いまわせるし、何しろ素人でも扱えるシンプルさ、学習のしやすさ、興味あるなら試してみるといい。

他の吸出し機リンク
 Cartridge Reader Shield for Arduino Mega 2560 N64 や GB も読めるらしい
The Atlas(ジ・アトラス)の世界地図を描き起こす 力技www
オリジナル吸い出し機 最終的には、ゲームボーイ用も兼ねる
2016-12-10

 無料の Delphi 、期間限定じゃなくなったらしい。前に確認だけして放っておいた Delphi 10.1 を使ってみた。以前の Turbo Delphi の無料版より、よっぽど出来はいい気がする。32ビット版アプリしか作れないくらいで、致命的な制限は無さそう。
 リモコンソフト rmx の次の Version は、こいつでコンパイルした ユニコード対応版にしよう。しかし、通信部分や、文字コード絡み、かなり修正しないと動きそうに無い。それでも、Lazarus でやるよりは楽かな。

 それにしても、Delphi 5 に、Lazarus に、Delphi 10.1。パスカル環境だけを、3種類もインストールしてる変態さんは、俺ぐらいか。いいかげん、Delphi 5 は、無くしたいな。
2016-10-12
 Delphi で、ちょっとした確認音を鳴らすのに、windows.beep(1000, 50) とか普通に使ってきたわけだが、どうやら、いつのまにかOS側の仕様が変わっていたらしく、こちらの意図する出力になっていないようだ。

 「ピロン」とか、「ピポッ」とか、beep のパラメータ変化で効果音がわりにしてきたものが、使えなくなった。dll を登録するとか、面倒な事をすれば前と同じような動作も可能らしいが、自分だけならまだしも、ソフトの使用先にも変更して下さい、なんてのは無茶な話。単純な単音の beep 音としてプログラムの修正をしなければならない。

 そもそも、beep音は、スピーカーとは別のブザーを鳴らすものじゃなかった? 最近の PC は、音源がのっているから、ミキサー下におかれて、音楽音と同じような扱いで構わないことになっているのか。
2015-06-15
 ガジェット風というか、サイドバー的なデスクトップ・ツール。必要最低限な、3機能のみ実装。何年も使っている実用的な奴。
1.カレンダー(+予定表)
2.ブックマーク(+検索窓)
3.タイマー

 実行後、フォーム上の右クリックでメニュー表示。
・表示位置(デスクトップ四角)
・オプション設定(外見、カラー、ブックマーク)
・ exit で終了

 メニュー以外の設定は、rGadget.ini を直接編集。
fontname=フォント名
fontsize=フォントサイズ
gadget=カンマ区切りで、表示する機能(1~3)を指定
todoheight=予定表の縦幅指定



追記 2015-07-15
 Yahoo のピンポイント天気と、ニコ生アラートを追加した新版があるので、こっちで公開予定。

Download
 Vector rGadget ベクターは公開中止
  ※ Windows7で確認、改変・再配布禁止、自己責任で実行のこと
  ※ M$ のガジェットとは、全くの別仕様、ただの 32bit アプリ
2015-06-06

 ソフトサブ SRT 字幕の入力・編集ソフト。字幕画像のテキスト化のためのツール。最新版は、修正したビットマップの出力だけで、それを一般の OCRソフトに丸投げして、結果を貼り付ける形に。DVDのローレゾ画像じゃ、OCR 調教も時間の無駄だった。

 OCR を省いても、文字種の分類機能は必須。アルファベットに、ひらがな、カタカナに、漢字。日本語は、複雑なんだよ。この校正補助機能がないと、使い物にならない。

 こっちは、完成済み SRTファイルの編集専用。
2015-05-11
 大昔に作ったやつの簡易版。ハードディスクの整理してたら、出てきた。6年前かよ。マケスピと、RSSの起動、若しくは、強制終了を行うプログラム。

 もう、株プログラムはやってないんで、最近の話は分からないが、たぶん動くはず。だいたいにして、マケスピや、RSSって、まだ使われてるのかな?
Download
 mslogin_20150518.7z (32 KB) 公開終了 7-Zip (解凍ソフト)

 ※ RSS.exe も起動させるときは、/r を指定
 ※ rdoz.net 以外で公開されることはありません
 ※ 悪用・改変・再配布禁止、自己責任で実行のこと
2012-08-09

 XBMCで使うソフトサブ用の 字幕ファイル(.srt) のタイムコードを調整するプログラム。srtファイルを読み込み後、以下2通りの方法で調整します。
A. [offset] 全体的に時間をスライド
B. [adjust] 始めと終わりの時間を直接指定
 分かりやすい手順としては、
① [offset]使って、最初の字幕を合わせる
② "終わり時間" + [adjust]で、最後の字幕を合わせる
③ "始まり時間" + [adjust]で、最初の字幕の微調整
 [offset] で設定する数値は、ミリ秒。1秒全体的に前へズラすなら、-1000 と入力して[offset]ボタン。後なら、1000 [offset]。先頭の違いだけなら、これでOKなはず。PALソースとかの違いにあわせるには、さらに調整が必要。

 リモコン片手にやれないと、イライラするかも。
Download
 srtofst_120809.zip 公開終了
  ※ 保存はUTF-8。下段のボタンは、4:3ソース用に空行を追加するためのもの。
2012-08-02

 マウスカーソル下の色を拾ってクリップボードにテキストとして設定します。

  ・“Pause/Break”キーで、16進 #RRGGBB形式
  ・“Shift”+“Pause/Break”で、10進 rgba(rrr,ggg,bbb,1)形式
Download
 colpic_120803.zip(181KB) 公開終了
  ※ Windows7で確認。改変・再配布禁止、自己責任で実行のこと。
  ※ キーフックしてるので、ウイルス判定されるかも。
2012-08-01

 エディタ形式のファイル名変換ツール。「DOSコマンドで一括処理」風なことをGUIで行います。
Download
 npren_100731.zip 公開終了
  ※ WindowsXPで確認。改変・再配布禁止、自己責任で実行のこと。
  ※ 日本語以外の文字コードは、未対応。
 1.変換したいファイルをD&D、エディタ部に元ファイル名が並ぶ
 2.F1~F8 を駆使してエディタ部を新しいファイル名に編集

  ・あくまでもドロップされた順番、行数は変えない事
  ・クリップボード経由で他で編集してもよい

 3.F9 で変換実行
   SHIFT + F9 だとバッチファイルのみ作成
rdoz.blog
管理人の趣味ネタ
 Arduino、映画、メカニカル キーボード、
  プログラミング、レトゲー etc...

links
search

recent comments
categories