^ page top

2018-02-15
 DS Lite の下半分を使って、GBA(SLOT2)もどきを作る。上画面無い分、軽くなって、バックライト付き。DS Lite は、比較的手に入れやすいので、GBA の携帯ゲーム機が欲しいのならお勧め。

 ただ、動けばいいのならば、ボタンの配線は不要。ヘッドフォンを使うなら、スピーカーの移設も不要。抵抗付けろとかいうのも、GBAモードなら、不要(ただし、設定は先に済ましておくこと)。


 SLOT1を、ただ、外したのではなくて、GBA, GBでは、認識しないX、Y両ボタンを、マジコンのメニューとセーブに割り振った。メニュー呼び出しが、L+R+SELECT+START。リアルタイムセーブは、L+R+SELECT+B。Lite のボタン配置だと、普通に押すのは、無理。このワンボタンの改造版に慣れてしまうと、もう他のDSでは遊べない。

 仮組みして、とりあえず、動くのは分かった。きちんとしたものを作るには、筐体の加工が、一番大変。見た目がどうでもいいなら、それほど難しい作業ではない。

 ちなみに、GBA のロム・データは、SLOT1 のマジコンと、ノーマルの DS LITE で吸い出せる。GBは、この間つくった吸い出し機と、内蔵エミュか、GBA用の GB/GBCエミュで動かす。もちろん、普通のGBA のロムカセットも、普通に動く。
参考リンク
 Macro Tutorial (DS Lite) 改造チュートリアル
 Goomba Color GBA 用、Game Boy / Game Boy Color エミュレータ
2018-01-18

 古い電池は、タブごとハンダコテで簡単に外せる。新品のタブ付き電池があれば、交換も簡単。なければ、適当な電線の切れ端等で、タブ代わりに繫いで、セロテープで留めれば大丈夫。スポンジみたいなもので、高さをかせいで、カセットの蓋の圧力で固定できるようにしておけばいい。

 手持ちの表面実装のソケットを付けてみた。横方向は、ぴったり。高さが…。

 全然、問題ないな(笑)。時計入りの電池消耗の激しいソフトは、最初から電池交換できるようにしとけばいいのに。というか、交換可能なカセットも見たことあったような。

 ちなみに、CR2025は、CR2032 の薄いやつ。厚さ 2.5mm と、3.2mm の違い。小さいのは、CR1616。いずれも、3V。タブ付き電池を使うのが、簡単だし、仕上がりもキレイで、確実。

 電池を付け替えるぐらいなら、安物のハンダこてでも問題ないが、しょっちゅう使うのならば、温調ハンダこてを、最初から選らんでおくべき。僕は、HAKKO 936のパチモンを使っている。替えのこてや、コテ先とかのパーツが安い。ただし、本物とのクオリティの差は、歴然、あくまでも、別物。
2017-08-17

 格ゲー用のプレステ・コントローラは、接続に成功したので、次はプレステ2のコントーローラ。2つで700円のジャンクなので、全く認識しなかったらどうしよう、というか、壊れているのか、接続の仕方が間違っているのか、判断つかないから困るわけで、引きが悪いと両方ハズレな可能性もないわけでもないが。

 とりあえず、無線化以前に、Arduino に認識させないといけない。このコントローラを使った Arduino の作例は、ネットに色々とあり、ライブラリも用意されていた。接続は、下記4ピン+電源を繋ぐだけ。DATAピンだけは、プルアップする必要があった。振動機能は、不要なので省略。
GitHub
  madsci1016/Arduino-PS2X PS2 controller Arduino Library

 プレステのと違うのは、アナログのスティックが2つ付いている点だが、元々、アナログのコントローラのゲームとかやったこともないので、どう動くのが正しいのか不明。左スティックは、XYなのは分かるが、右は? 馬鹿正直に、取得したデータをそのまま送ればいいのか? ある程度調整した値を送るのか? この辺は要調査。

 ボタンはキチンと動いているようだし、仕組みとして作成可能なのは分かった。送信、受信と2セット分作業するわけだが、単純にワイヤレス仕様のコントローラをベースにすれば、受信側だけを作ればいい。

 というか、そもそも、新品の無線コントローラが、1000円台で買えるのに、わざわざ面倒なことする必要は無い。これは、あくまでも実験であって、作業してみないことには、本当の意味での勉強にはならないと思うのだよ。本やネットを見ただけで理解したと勘違いしがちなんだ。

※ 技適マーク無しの無線デバイスの実験は、日本国外で行いましょう。
2017-05-01

 液晶一体型の動画PC用に、HDD の代わりに、mSATA の SSD を使った。システムを入れるだけなので、HDD は必要ない。

 この変換基板は、ノートPCなんかの、mSATA コネクタのない機種にも便利なはず。2.5インチのHDD、SSDよりも、薄く、小さいので、熱が篭るようなコンパクト筐体での、スペース確保にも有効。
2017-03-01

 キューブ型のNASを流用した巨大レシーバ、というか、USB接続の外付けハードディスクのオマケにレシーバが付いてる物体。レシーバに追加したリレーによって、4個のディスクを赤外線リモコンで個別にオン・オフできる。USBハブ経由の接続なので、厳密な意味では正しく動作しない。書き込み中に電源を切ったりしないよう注意する必要がある。

 HDDには、突入電流云々言って電源入れっぱなしが一番良いってのは、よく言われる。間違いとは言わないが、そんなのは、サーバルームのような条件が整って、且つ値段の桁の違う機器類での話。民生用のヘナチョコ機器をいっしょに語るのはマヌケもいいとこ。頻繁に切り替えるのでなければ、使わないときは電源を切っておくのが一番ってのが、僕の結論。

 最初は、ACアダプタ駆動にしようと準備していたが、良く考えてみたら、HDD以外にも、ケースFANを回す分が必要だったので、諦めて普通の電源使うことにした。配線は、変換ケーブルを利用した。一応、マニュアルでも電源操作が出来るよう、オルタネイトのスイッチに変更した。



 基板作り直した。表示部分の7セグメントディスプレイと、赤外線受光部を別基板に、LEDは、電線で引き出した。




 表示パネル裏側、インジケータ用LEDをユニバーサル基板の切れ端にハンダ付け。

 7セグメントディスプレイと、赤外線受光モジュール。HDD1~4のインジケータ用に穴あけた。



HDD用12Vの配線、やり直した。

ファンは、8センチのPWMタイプ。ファンコンは、両面テープでつけた。






 Arduino レシーバに書き込むのは、主電源に接続した 5ch 目のリレーを、HDDに繋ぐ1~4ch と自動連動するようにしたもの。USB接続のHDDは、認識に少々時間がかかるので、わかりやすくするため、rmx3 側でも、ドライブインジケータを表示するようにした。Kodi が起動していれば、そちらにもメッセージを送る。

 スモークフィルムを貼って完成。

2017-01-16

 PC 自作とかやっていた人には、2個、3個ころがっていると思われる古いATX電源。わりと簡単に再利用できる。
 ① 緑+黒=電源単体で起動
 ② 灰+抵抗+LED+黒=電源ランプ
 ③ 黄 x 黒=12 V
 ④ 赤 x 黒=5 V
 ⑤ 橙 x 黒=3.3 V

 ※ 何のことか分らない人は、危ないだけなので手をだしてはいけません
 割と大きな電流が流せるので、電動ドリルとか、ACアダプタで動かせないようなものも利用できる。
2017-01-01



TP5ATT
TP33VCC
TP32GND
TP4CLOCK
TP3COMMAND
TP2ACK
TP1DATA
 
 HORI Fighting Stick PS / HPS-07 / 基板 0888-32

 ジャンクなプレステ用のコントローラーを、PC に接続するべく、Da Vinci 32U で工作。チャタリングなのか、入力が安定しない。デバウンス対策が必要か。信号変換よりも、直接ボタンに繋いだほうが、確実なんだろうけど。

 たまにしか使わないのに、Arduino を1個消費するのも、もったいないんで、ソケットを筐体の横に貼り付けた。
参考リンク
 PSX Library デジタル入力のコントローラ用
 Arduino Joystick Library Arduino IDE 1.6.6 以降
2016-09-15

 ALPSマニアとしては、やはり押さえておかないといけない80年代の楕円型のスイッチ。MSX にも同じスイッチが使われていたが、これは、ダイナブックより前、ラップトップPCのキーボード。鉄板無しで、軽くて弱そうだが、スイッチケースごとハンダ付けされているので、思いの外しっかりしている。キートップが、金属カバーを叩く乾いた音が心地よい。

 状態が良ければ悪くないスイッチに思えるが、手に入れたものは、錆びが全体にあって、かなり怪しい。廃品業者のブツは、保管状態が悪かったり、そもそも水かぶったものだったりするので、個人の保管品か、コンピュータ専門の業者じゃないとダメだな。とりあえず、錆止め、脱脂、潤滑の3剤投入した。

 ノートPC等のユニット化されたキーボードは、基板パターンをいじらずに、フラットケーブルからのマトリクス信号を、マイコンに結線して利用出来る。このキーボードの場合は、11x8 のマトリクス、つまり マイコン側に、19本分のピンが必要になる。いつもの Pro Micro じゃ足りないので、 ダ・ヴィンチ32U でテスト。

 今回は、類似機種のマトリクスを公開している方がいたので、大いに助かった。一から調べようとするとかなり時間がかかる。細かなピッチのフラットケーブルを電線に付け替えるのが一番大変だった。

 海外版の T-3100 の英語版キーボードの配列は、かなり僕の理想に近いが、この J-3100 は、余計な日本語キーが追加されていて残念なことになっている。下段の「漢字」、「カナ」は、他のキーに割り振ればいいが、問題なのは 「ENTER」。縦長で、さらに、左横に使いもしない「¥」がある。これが邪魔。「ENTER」と「¥」ボンドでくっつかないかな。
参考リンク
 TMK Keyboard keyboard controller firmware for Atmel AVR USB family
 How to build your very own keyboard firmware deskthority
 謎のキーボードユニット neko Java Home Page
2016-05-08
 MiniPC をあれこれ見てたら、ベアボーン状態で、2,3万ぐらいは普通にする。ならばと、ジャンクのノートPCを2台ばかり仕入れた。ノートなら、Windows のライセンス付きだし、そもそも動画再生PCに、拡張性など要らない、動画再生支援機能があればいい。下調べするに、Core i 以降ならば、どれでも良さそう。

 低電圧版の Core i5-2467M(TDP 17W) を積んだThinkPad の Edge というやつらしいが、こんなのThinkPad を名乗ったらダメだろ(笑)。持ち歩いたら、即効で壊れそうなショボ筐体。

 液晶丸ごと外して、さらに、HDD、バッテリもいらない。元の半分ぐらいの重量に。メモリ4GBにして、mSATA の32GB SSDに、システムをインストール。Kodi と rmx に、リモコンセットをつけて、薄型 HTPC の完成。

 HTPC 用途には十分。予算1万程度なら、かなり、いい線なのではないかな。

 もう一台、用意していた ジャンクPC (Core i5-2520M 35W)は、普通の作業に使えるレベルで、HTPC にはもったいなかったので、メインPCとして使う事にした。
2016-04-27

 40ピンのコネクタ、片側20ピンが、ちょうど1センチ。青い電線は、AWG30 だから、先端は 0.26mm。Arduino の工作の 2.54mmピッチですら、最近は良く見えないのに、この細かさはヤバイ。ルーペ2枚重ねで覗き込んで、何とかなったが、これ以上は、業務で使うような高倍率の拡大鏡や、実体顕微鏡がいるな。

 何にせよ、クリーム半田は偉大だった。初めて有効な使い方が出来た気がする。細かい作業の時は、迷わず使うべし。と言っても、こんな細かいのは、めったにやらないし、というか最初から手を出さないからな。

 大昔に、コテをすーっと動かすだけで付くんだよ、と言われた事が、今頃、あぁそういうことかと納得した。要は、フラックスが肝であって、条件さえ揃えば勝手にキレイにくっ付くわけで、まぁ、実際に、出来るか出来ないかは別にして、理屈は分かった。
2013-06-15

 先日、手に入れたノートのCPUを交換して、メモリも追加。今さらの Core Duo。世間とは、6,7年の時間差が…。

 XPと、CentOSのデュアルブート。仮想じゃない Linux をインストールするのは久々。相変わらず、わかりにくいよな。

2013-05-16

 安かったので、もう一台追加。2007年のワークステーションモデル。それでも、うちの最速マシン!(笑)。

 たぶん、MicroATX仕様だと思うんで、マザボ交換したり、普通サイズのカードも使えるし、色々と遊べそう。

 リース明けのPCなど、産廃みたいなもんだが、一時期の粗悪コンデンサ問題以降は、寿命が延びてる気がするんで、中古でも十分使えそう。



 とりあえず、やかましいグラボを手持ちのファンレスのものと交換。チェックをかねて、Windows7をインストールしてみると、サウンド・デバイス以外は、問題なさそう。XPだと、色々追加で入れないといけない。

 この筐体は、全てネジで止まってるので、パーツ交換とか面倒。薄型じゃない光学ドライブやら、FDDやら、省スペース筐体に詰め込んでいるから、仕方無いんだけれども。


2013-05-05

 3台目のジャンクPC追加。2008年ぐらいのモデル。あまり日焼けしてなくて、まぁまぁキレイ。このMATE系、メンテナンスしやすくて、お気に入り。

 メインでも使ってるけど、大した作業しないなら、こんなんで十分なんですよ。分かってくださいよ。2つで十分ですよ。

 アキバ行く機会あったら、交換用のファンだけ買いたい。もう何年も行ってないな。毎週のように通ってたのは、今となっては信じられない。すっかり、気持ち悪い街になってしまってるしな。

2012-11-05
 EasyCapっていうUSBキャプチャ・ユニットのパチもん。コンポジットか、S端子の入力の映像と、ステレオの音声入力。シンプルなアナログキャプチャ。外見は同じようだが、中身の基板が違うのが色々あるらしい。よって、それぞれにあったドライバを導入しないと上手く動かない。

 Win7-64bitで、付属CDのソフトを動かそうとするがダメっぽい。バラして中身を調べる。

 GM7113C - video input processor
 5340CZZ - audio A/D converter

 SMI-2021CBE - USB controller
ドライバはこの辺から
 http://easycapexpertti.mybisi.com/pages/drivers

 デジカメ繋いでみたけど、なんか眠いボケボケな絵だな。シャープネスの補正かければ、LDやVHSの旧アナログメディアの変換目的には、使えそうかな。
2012-05-01
 動画再生用にしてたExpress5800/110Geが、HDD巻き込みつつ壊れた。マザーか、電源か、調べるのも面倒。腰が痛いので重いサーバ・ケース持ち上げたくない。面倒になってリース明けの小汚い中古パソコン2台入手した。NECのMATEとワークステーション・モデルの奴。外見も中身は同じで、BIOSぐらいしか違いは無いと思われる。両方とも、Celeron Dという使えないCPUが乗っているので安い。だが、Socket775。

 壊れたサーバから、E4400とメモリ、自作マシンから、Celeron430を移植。どちらも、BSEL MOD でベースクロックを266MHzに誤魔化して、そこそこ使えるPCに。

 僕にいわせれば、PCの性能など既に飽和しているのであって特殊用途であるところの「ゲーム」や「動画編集」といった負荷のかかる作業をしないのであれば、最新のハードもソフトも必要ない。インテルやM$の戦略に付き合う義理など全く無い。

 Celeron430の電気喰わないほうに、外付けで使っていた2TのHDDを追加し、XBMCとリモコンで動画PCとする。前に用意していたグラボが物理的に入らないので、追加で、中古のRADEONを購入。最近の新品グラボより高いのが悲しい。デジタル接続しかなくなるのが、分かっていたから用意していたのに、ロープロ仕様にしておくという考えが足りなかった。

 ソニーの業務用モニタにコンポーネント(D1相当)で繋ぐ。真っ暗な状態で映画を真剣に観るときはこれ。液晶の黒はダメダメだから。ながら見や昼間なら、液晶で十分。

 サーバ使っていたときは、キチンとサスペンドできなかったのが、これは普通のPCであるから、当然、リモコンでサスペンドのオン・オフ可能。キーボードもマウスも不要。自作PC用の小さい筐体は高いから、使い捨て出来る値段ならこんなのも有りだと思う。
rdoz.blog
管理人の趣味ネタ
 Arduino、映画、メカニカル キーボード、
  プログラミング、レトゲー etc...

links
search

recent comments
categories