^ page top

2013-07-21

 キーボードの話で、アルプスと言ったら、アルプス電気のスイッチが使われたキーボードの事。OEM元として、アルプス電気は沢山のキーボードを作っているが、コストの掛かるメカニカルなキーボードは無くなってしまった。日進月歩なコンピュータの世界で、昔のほうが良かったってのも変な話だが、今やマトモなキーボードより、PC本体の方が安く作れそうな時代なんだから仕方ない。

 そんな、古きよき時代の産物のアルプス・スイッチは、分解して、調整や、メンテナンスが可能で、今でも十分使用できる。今回は、古い謎キーボードから取り外した緑軸とアッパ・ハウジングを移植する。オリジナルの消音仕様も悪くは無いが、やはり初期の上品なタッチには負ける。タクタイル無しの、リニアが好み。底打ちの音だけ聞こえるのが僕の理想。
参考リンク
 スイッチ・キートップガイド構造 緑軸などのリニア・タイプは、接点と反対側の板バネ(感触用)が無い。


 キーボードオタクにも宗派があって、
東プレ 静電容量派(高品質)
チェリー メカニカル派(種類豊富)
IBM バックリングスプリング派(ビンテージものなら価値あり)
アルプス メカニカル派(とっくの昔に生産中止)
 メジャーなのはこんなところ。

 造りがどうのというよりも、結局の所、見た目とキータッチ。キーの配置と、打ち心地が気に入ったものを選べばいい。アルプスや IBM にこだわっているのは、思い出補正された懐古主義のオッサン達。「私のユビが覚えてる!」、ってやつ。ちなみに、アルプス・スイッチのキーボードが新発売されることもあるが、大嘘だから騙されないように。十中八九、アルプス“風” の偽スイッチ。本物でも、後期の接点を簡略化した黒軸とかは、ダメダメだし、多くの偽スイッチは、論外。だからこそ、未だに古いキーボードがオークションなんかで取り引きされているわけね。

 1000円で新品のキーボードが買えるのに、何その汚いの!、馬鹿じゃないの!、と一般人には全く理解されない(笑)。

 僕もその変態・アルプス信者。緑軸サイコー!!!!!!!、ヒャッホー!!!!!
2013-07-20

 キーボードコネクタは左側のみとし、右側には、USB コネクタを付ける。2号機は、ココが駄目だった。しばらくテスト。

2013-07-19


 ケーブルの脱着できるように、USB ハブ 経由で、元のADBのコネクタにつなぐ。新規でケーブル作ったら上手くいかない。なぜ? 前に作った2号機のケーブルは問題なし。

 安定して使えそうなら、ケースの加工と、ALPSスイッチの調整。まだまだ先は長い。
2013-07-18
 マック用の古いメカニカル・キーボードを、Windows で使えるように改造する。
http://npz.rdoz.net/search/label/Keyboard の続き。

 例によって、アップルの拡張キーボード2、テンキーレスUSB仕様。Dellキーボードの基板移植。とりあえず入力可能なとこまで出来た。

 ダメダメな2号機は、バラして使える部分を再利用する。高さ調整のギミック機構を丸ごと削除するので、スペース的には余裕。ジュンフロン線とか細いのでなくても平気。


 テンキーカットとかせず、ノーマルのまま使うなら、Arduinoとかでコンバータを自作するほうがいい。

 配線し直すにしてもワイヤレスのにしておけば接続ケーブルの処理が不要だが、USBハブを組み込みたいので、今回は有線。


rdoz.blog
管理人の趣味ネタ
 Arduino、映画、メカニカル キーボード、
  プログラミング、レトゲー etc...

links
search

recent comments
categories