^ page top

  • [rmx3] kodi + rmx3 初期設定
 

rmx3 概要


 KODI for Windows 専用のリモコン設定アプリです。KODI 側と直接通信して制御します。一般のPCリモコンのように、ボタンの役割が固定されているのではなく、ユーザ側で、自由に割り振れるのが特徴です。設定情報も、rmx3 側で、一括管理するので、面倒な本体側のカスタマイズは不要です。

 HTPC 用途を想定、Windows 7 推奨。対応する赤外線受光ユニットは、旧VAIOの赤外線レシーバです。基本は、スリープ運用。

 SONY USB赤外線レシーバ 対応リモコン
  PCVA-IR3U, PCVA-IR4U, PCVA-IR5U, PCVA-IR7U  RM-GP3, RM-GP4

 実験として、Arduino 赤外線レシーバにも対応しています。

 Arduino USB赤外線レシーバ 対応リモコン
  Pro Micro(ATmega32U4)自作  NEC, SONY, RC5, RC6 プロトコル

rmx3 購入申し込み


 正規ユーザ版(1000円振込)は、トップページの問い合わせから、きちんとしたメールアドレスを添えて申し込んで下さい。お試し版の案内をしますので、動作確認後、入金願います。機械的に処理するので、フリーメールは、スパム扱いになって返信できません。

 申し込みから数日経っても、連絡が無い場合は、スパム扱いになっている可能性があります。この記事にでもコメントして下さい。

 入金確認後、メンバーページの、ログインIDとパスワードを発行します。
kodi 初期設定


① kodi 本体インストール
Kodi 最新版
 Kodi Downloads
② Web server を有効に
  System -> Services -> Web server
    -> Allow remote control via HTTP >>> ON

③ Remote control を有効に
  System -> Services -> Remote control
    -> Allow remote control by programs on other systems >>> ON

rmx3 初期設定


① rmx3 のインストール
 rmx メンバーページ(認証有) 7-Zip (解凍ソフト)

  rmx3*.7z をダウンロード、適当なフォルダに展開します。

② sqlite3.dll のコピー
 KODI のインストールフォルダ、system の中の sqlite3.dll を、先ほどのフォルダにコピー


③ 起動確認
 rmx3.exe を起動、USB レシーバ認識(接続してあれば)、$exec → test ボタン で、KODI が起動、JSONRPC Ping OK が表示されることを確認

 ※ KODI は、\ キーで、ウィンドウ表示と、フルスクリーン表示の切り替え


④ 仮想リモコン
 右クリックのメニューから vremote を選択、配布ファイルには、初期データが含まれているので、それっぽく動作するはず


⑤ アクション登録
 登録されたボタン一つに対して、4種類のアクションが割り当て可能、普通に押した(once)と、長押し(long)は、両立可能だが、リピート(repeat)は押しっぱなしで使うものなので、単独でしか使えない、function は、$function コマンドを呼び出した後、続けて入力(2ストローク)されるもの、文字入力ウィンドウのコマンドとは、排他動作



⑥ リピートと長押しのタイミング設定
 interval を基本時間として、repeat(リピート)、long(長押し)、それぞれの繰り返し回数を指定して、発生タイミングを決定

 理論的には、interval(基本時間)を小さくすることで、反応は良くなるが、実際の処理スピードを超えられるわけではない、ファイル選択画面等で、カーソル移動が、スムーズに動くよう調整が必要


add comment
error

kodi memo
メディアセンター「KODI for Windows」と
 リモコン設定ソフト「rmx3」の覚書

links
search

index