^ page top

 
rmx3 に移行します

 rmx2 は、XBMC / KODI for Windows のコントロールアプリ。一応、リモコンソフトということになっているが、XBMC / KODI と入力デバイスを結ぶハブみたいなもの。対応デバイスは、旧VAIOの赤外線レシーバのみ。

 rmx2 は、XBMC / KODI 側と直接通信して制御する。ありがちな、入力をキー操作に変換するものではない。データも、rmx2 側で、一括管理するから、面倒な本体側のカスタマイズも不要。


① XBMC / KODI をインストールする
② オプション設定を変更
  System -> Services -> Remote control
    -> Allow programs on other systems to control XBMC >>> ON

③ rmx をダウンロード
Download
 rmx_demo_20150807.7z 7-Zip (解凍ソフト)
 rmx2 に移行しました。

 正規ユーザ版(1000円振込)は、トップページの問い合わせから、きちんとしたメールアドレスを添えて申し込んで下さい。

 お試し版の案内をしますので、動作確認後、購入申し込み願います。機械的に処理するので、フリーメールは、スパム扱いになって返信できません。

 オプションの未使用リモコンセットが、数セットと、中古レシーバが、若干数有ります。

④ 適当なフォルダに展開
⑤ XBMC / KODI のインストールフォルダ、system の中の sqlite3.dll を、先ほどのフォルダにコピー

⑥ 一旦、XBMC / KODI は終了
⑦ rmx2 起動後、$exec → test ボタン で、XBMC / KODI を起動、JSONRPC Ping OK が表示されることを確認

 XBMC / KODI は、\ キーで、ウィンドウ表示と、フルスクリーン表示の切り替えが出来る。とりあえず、ウィンドウモードにしておく。
⑧ 右クリックのメニューから vremote を選択して、仮想リモコンを表示

⑨ 仮想リモコンの → ボタンを設定してみる
 普通に押した(once)と、長押し(long)は、両立可能だが、リピート(repeat)は押しっぱなしで使うものなので、単独でしか使えない。function は、一度、$function コマンドを呼び出した後、続けて入力(2ストローク)されるもの。文字入力ウィンドウのコマンドとは、排他動作。

 基本的には、once を使って一度きりのコマンド入力。ボタンを押しっぱなしで連続入力したい場合のみ、repeat を使う。例えば、カーソル上下左右は repeat に、$up, $down, $left, $right を設定。決定ボタンは、$select を、once で。

 仮想リモコンのアクション設定例は、ここ。rmx2.action ファイルを編集して、シフトJISで保存。

 リピートと長押しのタイミングは、セッティングパネル下部のパラメータで調整できる。ファイル選択画面で、リピートボタンを押しっぱなしにした時、画面がスムーズにスクロールする値に設定する。長押しの閾値も設定できる。理屈的には、itvl(基本時間)を小さくすることで、反応は良くなるが、実際の処理スピードを超えられるわけではないので、大きくしたほうがスムーズに動くこともある。各PC毎に調整が必要。
 
 rmx2 が自動認識するのは、ソニーの IR Receiver のみ。それ以外は、それぞれに対応する外部アプリが必要。 結構、昔のVAIOシリーズに付属していたリモコンユニットなので、中古パーツ屋や、オークションぐらいでしか手に入らない。何年も使っているが、トラブルらしいトラブルは経験無し。EventGhost でも使える、超オススメ。
rmx2 対応レシーバ


 SONY USB赤外線受光ユニット
  PCVA-IR3U, PCVA-IR4U, PCVA-IR5U, PCVA-IR7U

IR ReceiverVender IDProduct ID
PCVA-IR3U$054c$0020
PCVA-IR4U$0063
PCVA-IR5U$00d4
PCVA-IR7U$01d4
 Windows 7 では、特別なドライバは不要、HID の複合デバイスとして自動認識される。rmx 上では、レシーバ型番による機能の違いは無い。

rmx2 対応リモコン


 SONY VAIOリモコン、RM-GP2, RM-GP3, RM-GP4、M$アイコンボタンのない古いタイプ
 AV用リモコンや、学習リモコンなど、SONYフォーマットの信号なら認識可能かも
 VAIO リモコンは、電源ボタンだけが特殊。Windows の電源管理で設定でき、サスペンドからの復帰も可能。消耗品なので、SONY の学習リモコンあたりに置き換えるのがベストかも。PC用の電源ボタンさえ覚えさせれば、後は適当なボタンに機能を割り振ればいい。


CD / LDプレイヤーや、DVDのリモコンの信号も、だいたい認識するはず。

たまに、リピートの効かないタイプのボタンもある。

ちなみに、PS2 のリモコンは、リピート信号が化けまくって使えなかった。

rmx2 で使用するなら電源ボタンの関係があるので、あくまでも、VAIO のリモコン推奨。

 
 メニューから、セッティングパネルを表示させた後、登録したいリモコンのボタンを実際に押す。コードが表示されたら、リモコン名 と ボタン名 を入力して、add ボタンで追加。リモコンのボタンとツリーの表示が同期していれば、成功。失敗した場合は、セッティングパネル内のリストボックスの対象データを選択後、右クリックのメニューから削除できる。

 レシーバそのものの型番認識はされるが、どのリモコンからの入力かは分からない。重複したボタン信号は正しく認識できない。信号のダブりさえなければ、複数のリモコンを設定できる。
 
 必ず、rmx を終了させた後、rmx2.buttonrmx2.action それぞれを編集、ShiftJISで保存。

 起動し直すと、反映されているはず。余計な改行や、コメント等は、入れない事。
仮想リモコン

 マウスで操作できるリモコンもどき。rmx2.button のデータは、自動生成されるので、登録不要。右クリックや、ファイルドロップで、ファイル再生可。マウスのホイールで、ウィンドウの透過設定。
VREMOTE,起動,once,$exec
VREMOTE,起動,long,$kill
VREMOTE,rmx,once,$visible
VREMOTE,rmx,long,$restartx
VREMOTE,戻る,once,@NAV_BACK
VREMOTE,↑,repeat,$up
VREMOTE,コンテキスト,once,$contextmenu
VREMOTE,←,repeat,$left
VREMOTE,決定,once,$select
VREMOTE,→,repeat,$right
VREMOTE,メニュー,once,@SHOW_GUI
VREMOTE,↓,repeat,$down
VREMOTE,OSD,once,@SHOW_OSD
VREMOTE,サムネイル,once,$tbn_reload
VREMOTE,サムネイル,long,$tbn_reorg
VREMOTE,キャプチャ,once,$capture
VREMOTE,停止,once,@STOP
VREMOTE,再生,once,@PLAYER_PLAYPAUSE
VREMOTE,音量-,repeat,$vol-
VREMOTE,音量+,repeat,$vol+
VREMOTE,字幕,once,@NEXT_SUBTITLE
VREMOTE,字幕,long,@SUBTITLE_ALIGN
VREMOTE,音声,once,@AUDIO_NEXT_LANGUAGE
VREMOTE,音声,long,@MUTE
VREMOTE,プレイリスト,once,@SHOW_PLAYLIST
VREMOTE,プレイリスト保存,once,$playlist_save
VREMOTE,プレイリスト-,once,@DELETE_ITEM
VREMOTE,プレイリスト-,long,$playlist_clear
VREMOTE,プレイリスト+,repeat,@QUEUE_ITEM
SONY RM-GP4 リモコン(TV [PC] / [PC1] PC2 PC3)

RM-GP4-PC1,00141AB20000941AB200,消音
RM-GP4-PC1,00001AB20000801AB200,①
RM-GP4-PC1,00011AB20000811AB200,②
RM-GP4-PC1,00021AB20000821AB200,③
RM-GP4-PC1,00031AB20000831AB200,④
RM-GP4-PC1,00041AB20000841AB200,⑤
RM-GP4-PC1,00051AB20000851AB200,⑥
RM-GP4-PC1,00061AB20000861AB200,⑦
RM-GP4-PC1,00071AB20000871AB200,⑧
RM-GP4-PC1,00081AB20000881AB200,⑨
RM-GP4-PC1,00091AB20000891AB200,⑩
RM-GP4-PC1,000A1AB200008A1AB200,⑪
RM-GP4-PC1,000B1AB200008B1AB200,⑫
RM-GP4-PC1,00431AB20000C31AB200,ソフト選択
RM-GP4-PC1,00441AB20000C41AB200,起動
RM-GP4-PC1,00451AB20000C51AB200,終了
RM-GP4-PC1,00271AB20000A71AB200,機能切換
RM-GP4-PC1,002501000000A5010000,テレビ入力切換
RM-GP4-PC1,00251AB20000A51AB200,画面サイズ
RM-GP4-PC1,002B1AB20000AB1AB200,音声切換
RM-GP4-PC1,00121AB20000921AB200,音量+
RM-GP4-PC1,00131AB20000931AB200,音量-
RM-GP4-PC1,00101AB20000901AB200,チャンネル+
RM-GP4-PC1,00111AB20000911AB200,チャンネル-
RM-GP4-PC1,00391AB20000B91AB200,アングル
RM-GP4-PC1,00291AB20000A91AB200,字幕
RM-GP4-PC1,00261AB20000A61AB200,画面表示
RM-GP4-PC1,00241AB20000A41AB200,入力切換
RM-GP4-PC1,001D1AB200009D1AB200,録画
RM-GP4-PC1,00281AB20000A81AB200,録画モード
RM-GP4-PC1,001E1AB200009E1AB200,録画停止
RM-GP4-PC1,001B1AB200009B1AB200,巻戻し
RM-GP4-PC1,001C1AB200009C1AB200,早送り
RM-GP4-PC1,001F1AB200009F1AB200,前
RM-GP4-PC1,00201AB20000A01AB200,次
RM-GP4-PC1,00181AB20000981AB200,再生停止
RM-GP4-PC1,001A1AB200009A1AB200,再生
RM-GP4-PC1,00191AB20000991AB200,一時停止
RM-GP4-PC1,00381AB20000B81AB200,タイトル
RM-GP4-PC1,00361AB20000B61AB200,メニュー
RM-GP4-PC1,00301AB20000B01AB200,↑
RM-GP4-PC1,00321AB20000B21AB200,←
RM-GP4-PC1,00341AB20000B41AB200,決定
RM-GP4-PC1,00331AB20000B31AB200,→
RM-GP4-PC1,00311AB20000B11AB200,↓
RM-GP4-PC1,00351AB20000B51AB200,キャンセル
RM-GP4-PC1,00371AB20000B71AB200,リターン
RM-GP4-PC1,消音,once,$exec
RM-GP4-PC1,消音,long,$kill
RM-GP4-PC1,テレビ入力切換,once,$visible
RM-GP4-PC1,テレビ入力切換,long,$restart
RM-GP4-PC1,画面サイズ,once,@TOGGLE_FULLSCREEN
RM-GP4-PC1,画面サイズ,long,$monitor
RM-GP4-PC1,音声切換,once,@AUDIO_NEXT_LANGUAGE
RM-GP4-PC1,音声切換,long,@MUTE
RM-GP4-PC1,音量+,repeat,$vol+
RM-GP4-PC1,音量-,repeat,$vol-
RM-GP4-PC1,チャンネル+,repeat,@QUEUE_ITEM
RM-GP4-PC1,チャンネル-,once,@DELETE_ITEM
RM-GP4-PC1,チャンネル-,long,$playlist_clear
RM-GP4-PC1,アングル,once,$tbn_reload
RM-GP4-PC1,アングル,long,$tbn_reorg
RM-GP4-PC1,アングル,function,$tbn_init
RM-GP4-PC1,字幕,once,@NEXT_SUBTITLE
RM-GP4-PC1,字幕,long,@SUBTITLE_ALIGN
RM-GP4-PC1,画面表示,once,@SHOW_PLAYLIST
RM-GP4-PC1,入力切換,once,$playlist_save
RM-GP4-PC1,録画,once,@INCREASE_PAR
RM-GP4-PC1,録画モード,once,@DECREASE_PAR
RM-GP4-PC1,録画停止,once,$capture
RM-GP4-PC1,録画停止,function,$capture_tbn
RM-GP4-PC1,巻戻し,repeat,@ANALOG_SEEK_BACK
RM-GP4-PC1,巻戻し,function,#≪
RM-GP4-PC1,早送り,repeat,@ANALOG_SEEK_FORWARD
RM-GP4-PC1,早送り,function,#≫
RM-GP4-PC1,前,once,@PREV_ITEM
RM-GP4-PC1,次,once,@NEXT_ITEM
RM-GP4-PC1,再生停止,once,@STOP
RM-GP4-PC1,再生停止,function,#漢
RM-GP4-PC1,再生,once,@PLAYER_PLAYPAUSE
RM-GP4-PC1,再生,long,$function
RM-GP4-PC1,再生,function,#EN
RM-GP4-PC1,一時停止,repeat,$play_step
RM-GP4-PC1,一時停止,function,#SP
RM-GP4-PC1,タイトル,once,@NAV_BACK
RM-GP4-PC1,タイトル,long,@PREVIOUS_MENU
RM-GP4-PC1,タイトル,function,#CA
RM-GP4-PC1,メニュー,once,$contextmenu
RM-GP4-PC1,メニュー,function,#候
RM-GP4-PC1,↑,repeat,$up
RM-GP4-PC1,←,repeat,$left
RM-GP4-PC1,決定,once,$select
RM-GP4-PC1,→,repeat,$right
RM-GP4-PC1,↓,repeat,$down
RM-GP4-PC1,キャンセル,once,@SHOW_GUI
RM-GP4-PC1,キャンセル,function,#BS
RM-GP4-PC1,リターン,once,@SHOW_OSD
RM-GP4-PC1,リターン,function,#無
 

 XBMC / KODI 側の入力パネルの表示に合わせて、rmx の文字入力パネルが自動で表示される。
パネル上の操作「上、下、左、右、決定」は、「$up, $down, $left, $right, $select」と共用
 テキスト部の内容を「EN」ENTERで入力完了、「CA」CANCELで、入力キャンセル。他機能をリモコンで操作するには、各ボタンのアクションの、function に、#で始まる文字入力用のコマンドを設定しておく必要がある。
rmx 文字入力コマンド
#漢IME on/off 切替
#EN入力完了
#CA入力キャンセル
#候候補表示
#無無変換
#SPスペース
#BSバックスペース
#Aa大文字・小文字
#≪エディト部カーソル左
#≫エディト部カーソル右

 
 ローカルのプレイリストファイル(.m3u)にも、独自対応しています。本家が、なぜ修正しないのか謎なんだが。いやがらせだろ。
リモコンアプリ rmx のコマンド
 $playlist_save:プレイリストの保存
 $playlist_clear:プレイリストを空に
 @SHOW_PLAYLIST:プレイリスト表示・非表示切り替え
 @QUEUE_ITEM:プレイリストに追加
 @DELETE_ITEM:プレイリストから削除
 
 $capture_tbn コマンドを使えば、ワン・アクションでサムネイルの設定ができる。アニメの話タイトルのサムネイル化に便利。
 
 リモコンのアクション割り当てに使えるコマンド群。基本的には、@ で始まる XBMC / KODI 内部の機能で足りるが、使いにくかったり、まともに動かなかったりする部分を、 $コマンドで補完している。
rmx オリジナルコマンド
$execxbmc / kodi 起動
 $exec(D:\_program\MPC-HC\mpc-hc.exe) とかも可能
$closexbmc / kodi 終了(ウィンドウモードなら位置保存)
 $close(mpc-hc.exe) とかも
$killxbmc / kodi 強制終了(ウィンドウモードなら位置保存)
$restartrmx & xbmc / kodi 再起動
$restartxxbmc / kodi 再起動
$restartrrmx 再起動
$sendkey(クラス名,キーコード)キーボードエミュレーション

$functionファンクション(2ストローク入力)
$visiblermx の表示切替
$monitorモニタ切替
$playlist_clearプレイリストクリア
$playlist_saveプレイリスト保存
 userdata\playlists\* フォルダに保存
$captureスナップショット(.\capture フォルダ)
 実表示サイズから黒枠削除して 動画ファイル名.png 保存

$capture2スナップショット
 $capture の黒枠削除無し
$capture_tbnサムネイル作成
 スナップショットを 動画ファイル名.tbn 保存

$tbn_reloadサムネイル更新
 ファイル選択画面、選択されているサムネイルのレコードとキャッシュを削除
$tbn_reorgサムネイル全更新
 .tbnファイル更新分のレコード削除
$tbn_initサムネイル初期化
 問答無用で全レコードと全キャッシュの削除
$vol+音量+
$vol-音量ー
$up↑/大ジャンプ・チャプター送(動画再生時)
 秒数は、advancedsettings.xml で設定
$down↓/大ジャンプ・チャプター戻(動画再生時)
$left←/小ジャンプ戻(動画再生時)
$right→/小ジャンプ送(動画再生時)
$select決定
$contextmenuコンテキストメニュー/チャプター・時間表示(動画再生時)
$play_stepコマ送りもどき
$speed(スピード)0=一時停止、1, 2, 4, 8, 16, 32, -2, -4, -8, -16, -32 倍送り
$open_v(ファイルパス)VIDEO(ファイル・フォルダ)
 $open_v("E:\_media\_video\映画\")
 $open_v("\\WINPC\_video\アニメ\hoge.mkv")
 $open_v("special://profile/playlists/video/プレイリスト.m3u")
$open_m(ファイルパス)MUSIC(ファイル・フォルダ)
$homeHOME メニュー
$videoVIDEO メニュー
$musicMUSIC メニュー
$settingsSETTINGS メニュー
$suspendサスペンド
$hibernationハイバネーション
$reboot再起動
$shutdownシャットダウン


JSON-RPC コマンド

@MOVE_LEFT
@MOVE_RIGHT
@MOVE_UP
@MOVE_DOWN
@PAGE_UP
@PAGE_DOWN
@SELECT_ITEM
@HIGHLIGHT_ITEM
@NAV_BACK
@PARENT_DIR
@NAV_BACK
@PREVIOUS_MENU
@SHOW_INFO
@PAUSE
@STOP
@NEXT_ITEM
@PREV_ITEM
@SHOW_GUI
@ASPECT_RATIO
@STEP_FORWARD
@STEP_BACK
@BIG_STEP_FORWARD
@BIG_STEP_BACK
@CHAPTER_OR_BIG_STEP_FORWARD
@CHAPTER_OR_BIG_STEP_BACK
@SHOW_OSD
@SHOW_SUBTITLES
@NEXT_SUBTITLE
@CYCLE_SUBTITLE
@SHOW_CODEC
@NEXT_PICTURE
@PREV_PICTURE
@ZOOM_OUT
@ZOOM_IN
@SHOW_PLAYLIST
@QUEUE_ITEM
@ZOOM_LEVEL_NORMAL
@ZOOM_LEVEL_1
@ZOOM_LEVEL_2
@ZOOM_LEVEL_3
@ZOOM_LEVEL_4
@ZOOM_LEVEL_5
@ZOOM_LEVEL_6
@ZOOM_LEVEL_7
@ZOOM_LEVEL_8
@ZOOM_LEVEL_9
@CALIBRATE_SWAP_ARROWS
@CALIBRATE_RESET
@ANALOG_MOVE
@ROTATE_PICTURE_CW
@ROTATE_PICTURE_CCW
@NAV_BACK
@SUBTITLE_DELAY_MIN
@SUBTITLE_DELAY
@SUBTITLE_DELAY_PLUS
@AUDIO_DELAY_MIN
@AUDIO_DELAY
@AUDIO_DELAY_PLUS
@SUBTITLE_VSHIFT_UP
@SUBTITLE_VSHIFT_DOWN
@SUBTITLE_ALIGN
@AUDIO_NEXT_LANGUAGE
@VSHIFT_UP
@VSHIFT_DOWN
@CHANGE_RESOLUTION
@TOGGLE_DIGITAL_ANALOG
@OSD_SHOW_LEFT
@OSD_SHOW_RIGHT
@OSD_SHOW_UP
@OSD_SHOW_DOWN
@OSD_SHOW_SELECT
@OSD_SHOW_VALUE_PLUS
@OSD_SHOW_VALUE_MIN
@SMALL_STEP_BACK
@PLAYER_FORWARD
@PLAYER_REWIND
@PLAYER_PLAY
@PLAYER_PLAYPAUSE
@SWITCH_PLAYER
@DELETE_ITEM
@COPY_ITEM
@MOVE_ITEM
@SHOW_MPLAYER_OSD
@OSD_HIDESUBMENU
@TAKE_SCREENSHOT
@RENAME_ITEM
@TOGGLE_WATCHED
@SCAN_ITEM
@RELOAD_KEYMAPS
@VOLUME_UP
@VOLUME_DOWN
@MUTE
@BACKSPACE
@SCROLL_UP
@SCROLL_DOWN
@ANALOG_FORWARD
@ANALOG_REWIND
@MOVE_ITEM_UP
@MOVE_ITEM_DOWN
@CONTEXT_MENU
@SHIFT
@SYMBOLS
@CURSOR_LEFT
@CURSOR_RIGHT
@SHOW_OSD_TIME
@ANALOG_SEEK_FORWARD
@ANALOG_SEEK_BACK
@VIS_PRESET_SHOW
@VIS_PRESET_NEXT
@VIS_PRESET_PREV
@VIS_PRESET_LOCK
@VIS_PRESET_RANDOM
@VIS_RATE_PRESET_PLUS
@VIS_RATE_PRESET_MINUS
@SHOW_VIDEOMENU
@ENTER
@INCREASE_RATING
@DECREASE_RATING
@TOGGLE_FULLSCREEN
@NEXT_SCENE
@PREV_SCENE
@NEXT_LETTER
@PREV_LETTER
@JUMP_SMS2
@JUMP_SMS3
@JUMP_SMS4
@JUMP_SMS5
@JUMP_SMS6
@JUMP_SMS7
@JUMP_SMS8
@JUMP_SMS9
@FILTER
@FILTER_CLEAR
@FILTER_SMS2
@FILTER_SMS3
@FILTER_SMS4
@FILTER_SMS5
@FILTER_SMS6
@FILTER_SMS7
@FILTER_SMS8
@FILTER_SMS9
@FIRST_PAGE
@LAST_PAGE
@GUIPROFILE_BEGIN
@TELETEXT_RED
@TELETEXT_GREEN
@TELETEXT_YELLOW
@TELETEXT_BLUE
@INCREASE_PAR
@DECREASE_PAR
@VOLAMP_UP
@VOLAMP_DOWN
@CREATE_BOOKMARK
@CREATE_EPISODE_BOOKMARK
@SETTINGS_RESET
@SETTINGS_LEVEL_CHANGE
@STEREOMODE_SELECT
@STEREOMODE_NEXT
@STEREOMODE_PREVIOUS
@STEREOMODE_TOGGLE
@STEREOMODE_TOMONO
@CHANNEL_UP
@CHANNEL_DOWN
@PREVIOUS_CHANNELGROUP
@NEXT_CHANNELGROUP
@PVR_PLAY
@PVR_PLAY_TV
@PVR_PLAY_RADIO
@RECORD
@MOUSE_LEFT_CLICK
@MOUSE_RIGHT_CLICK
@MOUSE_MIDDLE_CLICK
@MOUSE_DOUBLE_CLICK
@MOUSE_LONG_CLICK
@MOUSE_WHEEL_UP
@MOUSE_WHEEL_DOWN
@MOUSE_DRAG
@MOUSE_MOVE
@TOUCH_TAP
@TOUCH_LONGPRESS
@GESTURE_PAN
@GESTURE_ZOOM
@GESTURE_ROTATE
@GESTURE_SWIPE_LEFT
@GESTURE_SWIPE_RIGHT
@GESTURE_SWIPE_UP
@GESTURE_SWIPE_DOWN
@NOOP
kodi memo
メディアセンター「KODI for Windows」と
 リモコン設定ソフト「rmx3」の覚書

links
search

index